お久しぶりです!

 

こんばんは。

前回の3月から2ヶ月経ってしまってました。。。

少し長くなるかもしれませんが、遡りたいと思います。

まずはM15 Nishi-Tamaですが、試合が始まる4日前に右足ふくらはぎを練習中に痛めました。

初めての部位でそこまで痛みはなかったので、問題ないかと思ってたんですが、痛みが変わらずシングルス1回戦をやりましたが、痛みが強くなってきてたので、ダブルスは棄権することになりました。

出る予定やった羽澤選手ごめん。

早稲田を出ないで、甲府も間に合わないかもと思ってましたが、なんとか間に合い甲府から筑波、柏、松山と4大会出ました。

単複とも結果はよくなかったけど、例年よりもプレーはよかったし、怪我も悪化せずできたのでそこまで落胆はしていません。

その後は、ウズベキスタンのAndijan, Namanganの2大会、中国のWuhan, Luanの2大会に出場してました。

結果の方は最高で2回戦。。

今年からの新しいルールにより一回戦から自分よりランキング上の選手とやることが多くなり、厳しい結果となってます。ただ最近またルール変更になりATPポイントを取ることが可能になったけど、どうなっていくのかまだわからないですね。

そしてウズベキスタンには6.7年ぶりぐらいに行きましたが、新しい通貨も増えていて、入国もスムーズで前より快適に感じました。

今回行った2大会の場所は11年前に行ったとこでした。

前回は日本人1人で全く知らない選手ばかりで練習相手を見つけるのに苦労したのを鮮明に覚えています。

そしてウズベキスタンで気をつけることは食事中にコーラを飲まないこと。油が多いんでお腹を壊す可能性が高くなるのを忘れてて僕も行って2日目にくだしてしまいました。

それからは紅茶かお茶を飲んでいましたが、あたらず過ごせました。ただ食べれるものが少なくて、痩せてしまい食事にストレスを感じてました。日本から防災用のご飯を持ってきてましたが、これのおかげでだいぶ生き返りました。

その後ウズベキスタンから直接中国に向かいWuhanでは日本食を食べることが出来てめっちゃくちゃ嬉しかったです。

人間食欲が一番なんかなと思いました!

何が言いたいかというと、帰国して思うのは日本って最高の国やなと。

何も不便を感じない。中国ではSNSに規制がかかっててその為にVPNというアプリを使いLINEなどを使うのですが、これが繋がらなかったりと本当に今回はいろんなストレスを感じました。

色んな国に行き文化、環境を見て感じるのはとても大事なことやなと。

厳しい環境にたまには行くのもいいことやと改めて思いました。

ウズベキスタンではいつも助けてくれるスター

11年前と今回やっぱ若いな…

 

Andijan会場

 

Namanganで竹田選手と令和を迎えました!

 

ウズベキスタン、中国で助かった防災用のご飯

 

中国2大会帯同してくださった古賀さん

 

 

今現在軽井沢にいてます。

明日から単複あります。

標高少し高く、クレーという慣れてない環境ですが、いいテニスしたいです!

応援宜しくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –