iwabuchi_fore_return.jpgポイント:1stサービス時のリターンはできるだけコンパクトに
相手のサーブが1stの時はできるだけコンパクトなのターンとスイングを心がけます。具体的にはストロークの時より、リターンの時の方がスイングの前後幅を小さくするようなイメージですね。
相手のサーブが速いと、面がどうボールに当たったかでほとんど決まってしまうので、ブレないようにしっかりとラケットを出します。そのためには早く準備をすることが大事です。また、スイングをコンパクトにするのは、ブレを小さくするためでもあります。
2ndサーブの時は、相手のサーブが跳ね上がり切る前に取らないと、返せなくなりますから、1stの時よりも前に踏み込んで打てるようにします。肩口より下で取れる打点を確保したいところです。

前から見た「フォアハンドリターン」

▼右足がこれだけ動いても(青ライン)、上下の動きがほとんどない(赤ライン)。
 軸足(右足)のひざの使い方が非常に滑らか。

※Myスイング分析:CASIO HIGH SPEED EXILIM

横から見た「フォアハンドリターン」

▼テイクバックからインパクトまで(青ライン間)がコンパクトになっている。

casio_exilim
◆岩渕聡プロ:
選手名鑑
ブログ
※補足:カメラからパソコンに取り込んだ画像にライン表示はされません。