エナンのフォアハンドパワーのあるファアハンドを安定させる。
そのコツをグランドスラムタイトル7つをもつ元女王、ジュスティーヌ・エナンから学ぶ。一見すると大きくダイナミックなエナンのフォームには、安定感を作り出すコツが満載。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

エナンの安定とパワーを両立させるフォアハンド [2010全豪オープン]

エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド
Check! スタンスの広さ
①両足の間にラケット一本は軽く入ってしまういそうな広いスタンス。スタンスの広さは安定につながる。
エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド
Check! テークバックとインパクトの関係
⑤~⑧左手でラケットのスロート部分を支え、右手で作ったインパクト。面をずらさないようなテークバックをすることで安定したインパクトを作る。
エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド
Check! 左手の抜き方と回転軸の安定
⑨~⑪左手の抜き方に注目。左肘から抜いていくのと同時に右手がスムーズに出てくる。左手の抜き方を上手に使い、回転の安定を意識。ぶれない軸を作りサポートする。
Check! 正しい姿勢からの回転運動
⑪~⑯体重移動は後→前ではなく、右足を軸に回転運動をする。左足を上げることでバランスを取り、より重心を後ろにかける。姿勢が正しく、直立しているのがわかる。
エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド エナンのフォアハンド
Check! インパクトを見る
インパクト(打点)の位置をしっかり見て、顔を残している。
Check! 力が入るところでインパクト
⑬右手が伸び、力の入るところでインパクト。
⑯フォロースルーでラケット振り上げ。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大
※太ももの黒いラインは、テーピングです。

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Akio Matsumoto
撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!