nadaru2_sm.jpgボールがコートに落ちてから伸びるトップスピン
そのコツを、2008年世界ランキングNo1、また全豪、全仏、全英と3つの異なるサーフェスのグランドスラムを制したラファエル・ナダルから学ぶ。下半身から力を伝える重要性、地面からのパワーを伝えるための膝の使い方に注目!!
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

ナダルの伸びのあるトップスピンフォアハンド [2010全豪オープン]

ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド
Check! 広いスタンス
④ナダルの強靭な足腰からくる広いスタンス。
スタンスの広さ=安定。
ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド
Check! 中腰からのテークバックと踏み込み
⑤~⑧両手でラケットを引くことでひねりを意識できる。右肩も十分に入っている。上半身が一体となってテークバックしているあたりが、身体を使ったスイングにつながる。
イスに座るような形の中腰で腰がよく落ちている。セミオープンスタンスで左から右へ体重移動。視聴者の方々にとってナダルは、オープンスタンスのイメージ強いと思われるが、踏み込めるボールに対しては軸→体重移動しています。
ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド nadaru12s.jpg
Check! 下半身からの回転運動
⑩~⑫下半身からパワーを伝える。足の裏→膝、腰→胸、うで、といったような流れでスイングスピードを上げている。上半身のパワーだけではスピードは出ない。
ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド ナダルのフォアハンド
Check! インパクト後の肩のローテーション
⑫~⑭うでをしっかり伸ばしてフォロースルーしている。
左肩が前を向き、上半身のローテーションの終わりを表している。下半身の力がボールに伝わった見事なスイングである。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Akio Matsumoto

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!