クライシュテルス早い準備で、左手主導の両手バックハンド
そのコツを、2009年に現役復帰してUSオープンを優勝した元世界チャンピオン、キム・クライシュテルスに学ぶ。テニスプレーヤーでありながら母親でもある彼女、その体から放たれる強靭(きょうじん)なショットは必見。連続写真から秘密が見えてくる。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

早い準備で、左手主導の両手バックハンド[ウィンブルドン選手権2010]

キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス
Check! 右肩でのターン
①ラケットが顔の横にきている。
②~④高い打点で打つことが予測出来ているので、あまり膝(ひざ)を曲げずに準備。右肩でしっかりターンし、ひねりを作る。
キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス
Check! 早い準備
⑤ボールとの関係性から準備の早さがわかる。
⑥ここでラケットヘッドがダウンしている。
⑦~⑨フォワードスイングと同時に膝(ひざ)を伸ばすようにして下半身のパワーを伝える。
キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス
Check! 左手主導と前体重
⑩~⑫左手主導のバックハンドを象徴(しょうちょう)するように左手をダイナミックに使い、フィニッシュへ。バランスは右足一本になるほど前に重心をかけ、体重をボールに乗せる。
キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス キム・クライシュテルス
Check! 体の回転
⑬~⑯体重を乗せ切った後も最後まで体の回転を行うので自然と左足が前へ出る。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!