塚越亘

テニス・フォト・ジャーナリスト。
1972年より50年以上にわたりグランドスラム大会をはじめ、世界のトーナメントを取材する。ランキング制度ができるまで、1973年からアメリカTENNIS誌の世界を代表する6名のランキング委員の一人。

1982年「テニス・ジャーナル」創刊編集委員長。
1992年世界に挑戦中の松岡修造、伊達公子など日本選手達の情報をいち早くテニスファンに伝えようとFAXによるテニス新聞「テニスジャパン」を発行する。


情報があふれる今、時代、時代に合った自分ができることで次世代へのテニスの橋渡し、潤滑油的役割ができたらと思い記事を書いている。

  • ITWA(国際テニス記者協会)会員
  • Tennis Hall of Fame(アメリカ、ボストン国際テニス殿堂)選考委員
  • 日本テニス協会ミュージアム委員

著書情報
  • 「錦織圭さらなる高みへ」 廣済堂出版
  • 「松岡修造 919日の闘い」 ベースボールマガジン社など