夏の2大会とアイウェアインプレッション

久しぶりの更新となってしまいます。

夏の大会:神奈川オープン・仙台オープン
に参加してまいりました。

8/10~8/13 Kanagawa Open
8/18~8/21 Sendai Open

2大会結果報告とサポートしていただいている金栄堂様のアイウェアインプレッションです。

Kanagawa Open ITF Futuresグレード
シングルス ベスト4
ダブルス ベスト4

上半期の国内大会はインドアコートが多いということもあり、試合でのアイウェアの出番がほとんどない状態ですが、下半期はアウトドアとなります。
真夏の大会が二つ続く8月、一つ目は神奈川オープン。
サポートしていただいているオークリー FLAK2.0 レンズは金栄堂オリジナルのFACT、表面はゴールドミラー加工していただいている組み合わせでプレー。
相変わらず軽いオークリーで装着している違和感がほとんどない状態、レンズも信頼のFACTで視界はくっきりで、炎天下のまぶしい
太陽下でもプレーに集中できるのはアイウェア無しではありえません。

BJ1R1320

BJ1R1360
「撮影:加藤和孝」

Sendai Open ITF Futuresグレード
シングルス ベスト8
ダブルス ベスト4

14064118_1055343267846284_2405061339305373275_n

神奈川オープンの翌週は仙台オープン 台風が近づいているせいか非常に気温が高く太陽の日差しもかなり厳しい状況下。
毎年ながら仙台への途中にご挨拶を兼ねて、金栄堂様に立ち寄らせていただきまして、今シーズンのモデルをオン・オフともに
サポートいただきました。
オン用はRADER LOCK フレームはオークリー初のグラデーションを施したさわやかなグリーンフェードコレクション、レンズはボールがとてもよく見えるという
PRIZM BASEBALLの組み合わせ。
早速、練習&試合で装着、レンズ色的には明るい部類に入る印象でしたので真夏の日差しの強い炎天下での使用は正直少々不安がありました。
しかし、これがどうして眩しさはもちろんのことテニスコートのグリーンと黄色いボールがとても良いコントラストで非常に見易い。
台風の影響で雲行きも時間を追うごとに変化しているにも関わらず、日差しのある時、無い時に関係なく視界は良好でとても集中できました。
フレームは軽さ故、まったく装着している違和感はないのは相変わらずですが、初めて試したこのレンズですがずばり「あり」です。

13906741_1055343407846270_227258157254442730_n

オフ用はクロスリンクのサングラス版というこちら。
アフターと運転というような用途で使用しております。

オン・オフ共にお気に入りのアイウェアでシーズン後半も頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー宮原未穂希オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー宮原未穂希オフィシャルブログ- Precious –