Windmillを打つ為に大切な3つのポイント

今回はウィンドミルを打つ為に大切な3つのポイントを記載します。

 

ウィンドミルとは

このようなショットです。

 

 

ウィンドミルの良さとは

 

そもそもウィンドミルの良さとは何か。
普通のフォアハンドよりもスピン量を多く出来るので、高いボールやクロスコートで相手をコートの外に追い出しやすくなります。

 

それではウィンドミルを打つ際の気をつける3つのポイントを説明します。

 

1.フォロースルー

 

フォロースルーはラケットが顔の前を通った後に、終わりは右耳の横。
顔の前を通ってからというのがポイントです。

 

2.打点

ここがよく勘違いされている人が多いです。
打点は普通のフォアハンドと同じで、出した足よりも前になります。
フォロースルーの形を意識しすぎて、打点Bで打つ方が多いので、気をつけて下さい。

 

3.スイング方向

スイング方向は内側から外側になります。
ボールの右下(赤い点の部分)を打つことでボールをクロス方向に飛ばしやすくなります。

以上の3点に気をつけて下記の動画を再度みて頂くとイメージしやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ – 夢叶うまで挑戦 –