APF卒業生が、先月行われた全国大会で初優勝しました

APF卒業生の活躍
先月の話になりますが、APFの卒業生から嬉しい報告を頂きました。
松田康希君(神奈川県湘南工大附属高校3年)が、今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第39回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月13~16日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)で見事優勝しました。

松田康希(湘南工大附高)と阿部宏美(愛知啓成高)が優勝 [第39回全日本ジュニア選抜室内]

補欠出場からの快進撃、松田康希がインターハイ三冠の白石光にリベンジして優勝 [第39回全日本ジュニア選抜室内]

5745957791_2e46dea9d2
2012年の写真

これまでもブログで紹介してきましたが、バンコクから日本に戻り、少しずつ結果を出してきて高校生最後の全国大会で初優勝。
バンコクでもそうでしたが、日本でも相当努力してきたことでしょう。

これまで携わった全ての人達、そして親御さんに感謝をして、今後も更に頑張ってくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ