金子英樹著「TENNIS IQ」の紹介

IMG_7547

今回はバンコクで行われた、年末年始のallout2019のキャンプで使用した、金子英樹著「Tennis IQ」の紹介です。
IMG_7549

TENNIS IQってどんな本?

キャンプでも取り組んだ「Uncomfortable」をテーマに、ニュートラル、ディフェンス、オフェンスといった具体的な状況での「正しい選択」の基礎をQ&A形式で学ぶことができる本です。

・コート中央でラリーが続いている。どのようにして相手の体勢を崩すのか?
・このショットを打った時の対戦相手の心理状況はどうなのか?
・4-4の30-30で自分自身も緊張している状況でのショットの選択とは?

上記のような、実戦で非常に役に立つ内容が満載です。

金子英樹校長にインタビュー

スクリーンショット 0029-02-24 13.06.49

 

金子コーチ、今回はどうして「TENNIS IQ」を作成されたのですか?

 

 

 

スクリーンショット 0030-05-18 11.53.08

プロのトーナメントをみて、勝つ選手(トッププレーヤー)と勝てない選手の違いは何なのかを分析してきて、次の事が分かったんだよね。
勝つ選手は各状況に応じて常に「正しい選択 “Correct”」ができ、反対に勝てない選手は「誤った選択 “Incorrect”」を多くしてしまう。
勿論、この要素だけで試合に勝つことはできなくて、メンタル、テクニック、フィジカルは重要なファクター。でも「誤った選択」をしてしまえば十分な力を発揮することができない。
「正しい選択」をする。
一見簡単そうにみえるけど、対戦相手や心理状況、サーフェスや体調、環境、その他沢山の変動する要因に対して影響を受けてしまい、同じ選手でも全く違ったプレーをしてしまうんだよ。
トッププレーヤーはそのような変動する要因に対しても自らコントロールすることによって「誤った選択」を極力避けることができる。
今回は【勝つ選手】が出来る、各状況に応じて常に「正しい選択」ができるよう、テクニックを取り上げるのではなく、主に「認知・判断」のスキルを磨くために「TENNIS IQ」を作成しました。
プレーの原理原則ををしっかり学び、古今東西のセオリーを把握し、そこからバリエーションを広げ、自分自身のオリジナリティーを作り上げる為に、「TENNIS IQ」を利用して下さい。

 

スクリーンショット 0029-02-24 13.06.49

 

今回allout2019の参加者に配布した「TENNIS IQ」ですが、今後他の方達も読めるように、本として出す予定はありますか?

 

スクリーンショット 0030-05-18 11.53.08

 

興味を持って頂いた方から連絡をもらっているので、今後何かしらの方法を考えています。ぜひ楽しみにしていて下さいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ – Be Happy ! –