試合の中で考える…


今日は試合中に考えるべきことと、練習時との違いを…あくまで僕の考えです。

練習の時は自分の武器は何か、苦手な部分はどこか、というのをある程度理解して、プレーしていると思います。そこから長所は伸ばし、短所は改善し、さらなる上達を…という感じです。

そして試合中ではそれは変わります。僕の場合はいかにして相手を崩すかです。人によって違いますが、他には…いかにエースをたくさん取るか…いかに自分が満足するか…もちろん勝つための前提です。

練習では引き出しを増やし、試合ではどれを引き出すか考える…

そういう考え方です。

時に思うのは…

自分が試合でミスをした時に失敗ばかりに気をとられ、欠点ばかり見てしまうような選手を見ます。練習では構わないです。そこをいかにしてミスをしないようにするかを考えましょう。

でも試合ではそのミスを気にしてはいけませんし、自分の欠点なんかもっと気にしてはいけません。

そのミスをいかにして取り返すかを考える必要があります。誰だって練習で入って試合で入らないショットはありますし、欠点のない選手なんていません。

そこの捉え方で随分考え方が変わるのではないでしょうか?

自分の欠点を見ないようにするにはかなり大変です。必ず気になりますから(笑)

でもそれではもったいないんです。逆の考え方をすれば誰だって長所があるわけですから。

だからと長所で勝負すれば勝てるというわけではありません。なのでミスを取り返す考え方になりました…(汗)

ミスはします!したくないです!

でもします!!(笑)

でしょ!?試合では試合の考え方がありますし、練習では練習の考え方があると思っています。

僕は試合に出るのが好きですし、楽しいです。それは試合でないと味わえない緊張感や、練習でできた事が成功した時の達成感が好きなんだと思います。

テニスの形は人それぞれ、考え方も取り組みも…

だから面白いし、やりがいもあります。

練習でだって今までできなかった事ができた時にはものすごい嬉しいです。

なので、テニスは楽しい!という結論に至ります(笑)

ということは、つまらない欠点より、楽しい事を考えてやりたいですよね!

それでも欠点がどうしても気になる方は…

気合い!!!(笑)

コメント

  1. haru さん : 2007.11.15

    自分は試合してるときは自分のミスは棚に置いておいて、相手のミスのことを考えているような気がします。
    でもミスが少ない人、ミスの傾向がはっきりしない人と対戦すると、自分が試合中何をしてよいか分からなくなってしまいますが、そんなときはどうしたら良いのでしょうか?

    返信

  2. ゆーま さん : 2007.11.16

    haruさん
    自分がミスをしないように、ということだけを気にしてプレーしましょう。
    考えすぎても自分が苦しいので、活路を見出すまでは自分のプレーに集中しましょう。
    もちろん相手の実力が高ければ、簡単にミスはしてくれないですから、粘り強くすることです。
    どんな相手でもミスはしますよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –