筋肉痛

今日は少し体のことを・・・

寒くなってきたので怪我しやすいというのもありますし・・・

と、その前に・・・

メディア等で随分報じられているのでご存知の方が多いかもしれませんが、先日テニス界に一つの悲しい事件がおきました。
逮捕者が出る、という事態になってしまいました。

詳しいことはコメントできる立場にありませんし、わからないことだらけです。

しかしながら確実にテニスという競技のイメージはダウンしてしまったことは事実です。

この悲しい事件を再発させないために協会の方も必死に頑張っていると思います。

僕は自分のできることをできるかぎりの力で行い、少しでもテニス界が明るくなるよう、そのために少しでも力になれるのであれば喜んで力になりたいと思っています。
大したことはできないのかもしれませんが、これからもテニスというものに全力で取り組んでいきたいと思っています。

それでは、今日の話ですが・・・

タイトルに筋肉痛とありますが、テニス選手はいくらトレーニングをしていても激しい試合の後は多かれ少なかれ筋肉痛になります。
プロでさえ筋肉痛になるのですから、テニスという競技の激しさを物語っています。

テニスをしていて筋肉痛になる(僕の場合ですが)箇所は主に2つ。

大臀筋(お尻から太ももの裏のあたり)、内転筋(股関節のあたり)です。

さらに、久しぶりの試合などになるともう少し筋肉痛の箇所が増えます。

前腕(利き腕)、腹斜筋(腹筋の横)、肩、ふくらはぎなどです。

ひどいときはほとんど全身筋肉痛で歩くのもままならない状態です(汗)

普段もテニスをしていますし、そこそこトレーニングもしていますがこればかりはどうしようもありません。

こうやってみると本当にテニスはきついスポーツだと実感できます。

筋肉痛をできるかぎり早く治したい!!とは思いますが、痛くなってしまったらもう手遅れです。
痛みのピークが過ぎるまでは我慢ですね。

筋肉痛を和らげる、というか筋肉痛を軽くしたい、医学者ではないので完璧ではないと思いますが・・・

まずは運動前のウォーミングアップ。
これは筋肉を運動させるために準備するのです。
少し走った程度では足りません。
テニスでは全身を使いますから全身の筋肉をほぐす必要があるはずです。

最近ではダイナミックストレッチが主流です。
ダイナミックストレッチとはわかりやすく言うと、筋肉を動かしながら伸ばす、ということです。
動きのなかで伸ばす、ということは関節の可動範囲を徐々に広くしていくような感じです。
言葉だと難しいですね・・・

よく止まった状態で腕などを伸ばしたことがあると思いますが、それではなく伸ばしたらすぐに縮める、また伸ばす(前回よりもさらに)、また縮めるといった具合です。

伝わりましたかね・・・

大体テニスの前に15分から30分くらいの時間をかけることができれば、と思います。
気温にもよりますが、寒くなると大抵ウォーミングアップの時間は長くなります。
温まるまで時間がかかりますからね。

それができればいざテニス開始です。

慣れるまではなかなか面倒かもしれませんが、逆に慣れてしまうとウォーミングアップ無しではテニスが出来ないくらいに感じます。

これがしっかりしているとテニスをするときに筋肉にかかる負荷が少なくなる、というか筋肉が無理なく対応してくれます。
筋肉に疲労をもたらす乳酸が出にくくなるのでしょう。

さあ、それではテニスが終わったあとは・・・

クールダウンです。

これがものすごく大切なんです。

僕の場合は試合後に軽くジョギング(5分~10分くらい)をしてシャワーを浴びます。
そのあとにアイシング(肩)と下半身のストレッチ。
大体アイシングで肩の氷をはずすまで15分くらいなのでその間はずっと下半身のストレッチです。
肩は痛くなるとテニスができないので試合でなくても普段仕事のあとにアイシングをするようにしています。

僕のパターンで十分かどうかはわかりませんが、やりすぎということはないのでもっとやっても良いのかもしれません。

ちなみにここでいうストレッチは止まった状態で筋肉を伸ばし続けます。
テニスをする前のものとは違うものです。
とにかく伸ばします。同じところを何回も・・・飽きますが・・・

それでも筋肉痛はやってくるので(笑)

クールダウンをしっかりすると本当に次の日が違います。
激しい運動だった場合は栄養補給もできるだけ早くした方が良いです。

ついでに僕の筋肉痛になった後の対処法ですが、大体筋肉痛のピークは次の日なのでその次の日、つまり筋肉痛になる運動をしてから2日後に痛いところをトレーニング、もしくはランニングします。
ピークさえ過ぎれば我慢も簡単なのでその筋肉を使ってあげると回復が早いと・・・(体感です)

だいたいひどくても3日後には元通りです。
ほとんどは1日で治るような筋肉痛しかならないですが。

ただ、試合で勝ち残っている場合はそんなこと気にしていられないのでとにかく頑張りますけどね(笑9

そんな感じですが、この寒くなってきた時期にちゃんと体をケアできれば冬場でも楽しくテニスができるはずです。

怪我だけはなんとしても避けたいですからね・・・

できれば寒くないところでテニスしたいのですが・・・そんなわがままは通りませんね・・・

皆様も僕も怪我しないように・・・

気合い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ|テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ – MASUKEN WORLD –