全国選抜ジュニア関東予選

今日まで千葉の白子で全国選抜ジュニアの関東予選が行われていました。

この大会は12歳以下と14歳以下のみのカテゴリーです。

僕が初めて全国大会に出場したのもこの大会だったのを覚えています。


さて、僕の勤めるSSCのジュニアは合計9人出場しました。
最終的に全国大会への切符を手にすることができたのは3人。

やはりそう簡単には全国へは行けません。

試合前日の土曜日から引率していましたが、この大会でいつも思うことがあります。

いつもとは違う場所で寝泊りし、いつも一緒の親御さんと離れ、仲間と一緒に泊まる。
食事も皆で食べ、大会期間中はいわゆる寝食を共にするんです。

この年齢の選手達にとってはなかなか刺激的だと思います。
少しでも年齢の上の選手は年下の面倒をみたり、普段では見られない光景が見られます。
しかし、同じ部屋に泊まっている選手同士が当たる、なんてこともあります。
自分のペースで部屋で行動しながら次の試合に向けて仲は良くても話す機会が減り・・・という感じになります。

何かミスすればコーチに怒られ(笑)食事のときも好き嫌いを許されず(笑)
プロ選手よりも厳しいかもしれませんね(笑)

そんなことが経験としてその選手の身になっていってほしいと思います。
普段とは違う環境でもしっかりと戦える、そして勝ちをつかむ。
プロになって世界を転戦しても同じです。
コートがいつもと違う、ボールが違う、風が強い・・・などなど

そんなことは言い訳になりません、皆同じですから。

そういった部分を全て含めて強くなっていくことが必要です。

今回は実力を出せなかった選手も出せた選手も次に向けそれぞれ課題が見つかったと思いますし、出場しただけでは満足できずにもっと勝ちたい、と欲も出てくると思います。

毎度のことながら僕達も大いに勉強させていただいております。

また頑張らねば!!!!!

気合い!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –