茨城県つくば市にある筑波大学テニスコートにて開催される男子テニス・フューチャーズ大会、筑波大学国際テニストーナメント(賞金総額1万ドル)。4日、シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク276位の内山靖崇(22歳、北日本物産)は今年の大学フューチャーズの4大会中2大会で優勝している仁木拓人(27歳)と対戦し6-1、6-2で勝利し優勝を果たした。

内山靖崇

内山靖崇公式ブログ

公式ブログでは「今日は朝雨が降っていてかなり気温が低かったですが、2週間で1番良いテニスが出来ました!出だしからブレーク出来て、試合の流れを掴んでアグレッシブにプレー出来ました。シングルスの優勝は久しぶりだったので嬉しいです。」

「気持ちを落ち着かせたい所ですが、次はフランスのチャレンジャーで、明日の昼の飛行機でフランスに向かい、火曜日か水曜日には試合があります。気持ちを切らさずにもう1週頑張ります!」とコメントしている。

内山靖崇はシングルスでは通算6度目のフューチャーズ大会での優勝。次戦はフランスのチャレンジャー大会に出場し、今後バルセロナを拠点に活動を行うという。

記事:長嶋秀和