戦術的に打てるようにしておきたい”To the backhand”

To the backhand。試合に出ている選手は当然と打てるショットでありこれといった特殊なものではありません。

しかしアイディアの欠陥から打ちたいシチュエーションで打てないショットです。

ディフェンスの時に我慢が足らなかったり
ニュートラルの時にじっくり行けなかったり
オフェンスの時は単調な攻めになってしまったり

技術というよりかは思考の練習、鍛錬となります。

これを打てる選手と試合したときは
ニュートラルに戻されて攻めきれなかったり、
完全に展開されたり
すぐに短いボールを打たされたりと
とてもUncomfortableな気分にさせられたものです。

 

 

 

■ APF Academies​チャンネル登録

 

■【TENNIS IQの動画】

 

■【TENNIS IQ書籍】テクニック・フィジカル・タクティカルをフルに使いこなす!TENNIS IQを鍛える本: 「認知・判断・行動」を繰り返しTENNIS IQを鍛える本 | 金子英樹

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー近藤大生オフィシャルブログ – Be Happy ! –