【スタッフ】深圳ダブルスSF戦結果

 

残念ながら負けました

ダブルスSF

×Misaki Doi(JPN ) / Monica Niculescu(ROU) vs [3]Yingying Duan(CHN) / Saisai Zheng(CHN)  63 36 4-10

 

Shenzhen Open
大会グレード: International
賞金総額: $651,750
日程:予選1/3-4、本戦1/4-9
開催地: 中国・深圳
サーフェス: ハード

コメント

  1. K さん : 2020.01.11

    土井さんにはもっと勝って欲しい。試合を見ていると、技と身体の動きでは勝ってるのに、ボールのパワーと球速で圧されているのを感じる。体格差故と思う。そこで、思い切ってラケットをパワーのあるバボラのピュアアエロかピュアドラに変えてはどうかと提案したい。長年愛用しているCX200系はコントロールは良いと思うが、パワー不足と思う。切り替えた初めは違和感があるだろうけど、直ぐに慣れると思うので、パワーのあるバボラの2機種いずれかを使ってみて欲しい。

    返信

  2. Ana1va さん : 2020.01.15

    ミーーーチェム、いよいよ全豪開幕ですね~~~( ゚∀゚ )!!!

    無事に現地入りできて、今は順調な調整中かと思います。空気の乾燥具合はどうかな? 強風、おさまってるといいけど。
    年始の試合は夏場から冬場に移っての、肩の病み上がりの中での1戦、身体の状態見ながらの様子見の振り始めだったと思うけど、シングルの方では11本、叩きましたね~。でもこれが試合の中で明確な意図持って戦った事は、ダブルスの結果に表れていると思います。特にあのサバレンカに勝ったのは自信になったでしょう!(^ ^ )! 同じコートで実際テニスしてみて、あれだけの選手ですから次にあたる時にはこの経験、大事にしたいよね。彼女の左右のカバーはサイズ頼みの面もあると思うけど、あのフックというかブーツレッグというか、流れの中で前に入ってくる動きは迫力あって、勇敢なプレーヤーという印象あります。彼女にシングルスで勝つ!!! 今年の目標の1つですね(`´)ノ
    ハワイの方では、ミーチェムとKくんの間にいたのはやはりケルバーでしたか。 さすがの仕上がり具合です。彼女の方は何か書いてるかなって思ったら、女子力高そうな彼女のCM見て終わりました(‘;’) ケルバーの、試合深まってきた時のアド側からの球足の短いストレートラインの速いサーブ、これはもれなくレシーブ地獄への案内状付きですので、勝負の局面を彼女のペースで迎えないように、ですね^^;
    ミーチェムは全豪1回戦、ドキドキのドロー、現地は暑いと思いますが、オフのしっかりした準備、中国でのたたき台含めて元気に本本戦、っしゃ(゜゜)ノ!!!!!
    今年最初の大一番、patient,accurate,自分を信じて頑張れ頑張れミーーーーーチェム( ’o’)!!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

TAICHI WADA OFFICIAL BLOG|TAICHI SMILE ~Everyone Smile in Tennis~