【スタッフ】チャールストン シングルスSF

11/7(土)の予定です

シングルスSF

Center-10:00am開始の第1試合(時差-14時間)(日本時間11/8(日)0:00am)

[4]Misaki Doi (JPN) vs Maiar Sherif Ahmed Abdelaziz(EGY)

Live to Play Pro Circuit
大会グレード: ITF $100,000
日程:予選11/2-3,本戦11/3-8
開催地: 米国・サウスカロライナ州チャールストン
サーフェス: クレー

コメント

  1. Ana1va さん : 2020.11.07

    ミーーーチェム、クレーで勝ち上がってセミですね~~~よおおおおおおおおっしゃ( ゚∀゚ )!!!

    ある意味、生きのいい旬な若手とのテニス、タフな試合となった中で2nd終盤で追いついて持ち込んだタイブレークを見事制しての勝ち上がり、大変だったと思いますが気分は良いですよね!(^ ^ )!  サーブの手応えは上々かな? 2ndサーブの安定感(^^)v
    異例のシーズンで、再開後はとにかく強い相手とのテニス三昧、大阪さんから始まって、クレーに入るとあのトルコの粘土^^;? みたいなところで戦ったルーマニアの彼女は本当に強くて、土を切り裂く強打、1発サーブ、パワーカウンター、まさにクレーのビッグヒッターって感じでしたね。全仏でのモデルさんみたいなクロアチアの彼女もランキングどおりの強さで、メンタル先生参考にしたようなスタンス、打ち合い大歓迎ですよと言わんばかりの安定したフォーム、あのサイズであそこまで肘を振り上げるわけですから、相手のラインいつでも押し込めますよ~って自信と確かな戦略、ミーチェムはクレーで好調なテニスだったけど、大きい大会で勝ち上がった構図に近いドローで思い通りの結果ではなかったかも知れませんが、間違いなく良いテニス、出来ていると思うし、ここで頂上が視界に入ってきてセミ、っしゃ( ’o’)!!!
    相手にとってミーチェムの経験値は脅威だ、そして自分にとってはここ一番での味方となってくれる、ゲーム中にやり返せる自分を見つけることができれば今の厳しいテニスならあとは力強く駆け上がるだけ、patient,accurate、今度こそトロフィー掲げよう!!!頑張れ頑張れミーーーーーチェム(゜゜)ノ!!!!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ – 夢叶うまで挑戦 –