【スタッフ】bett1openシングルス1回戦

6/15 (火)の予定です

シングルス1回戦

STEFFI GRAF STADION -11:00 am開始の第3試合(時差-7時間)(日本時間6/15(火)21:00pm頃)

[Q]Misaki Doi (JPN) vs Angelique Kerber(GER)

bett1open
大会グレード: WTA500
日程:予選6/12-13、本戦6/14-20
開催地: ドイツ・ベルリン
サーフェス: 芝

コメント

  1. Ana1va さん : 2021.06.15

    ミーーーチェム、連勝で本戦登場です~~~よおおおおおおおおっしゃ( ゚∀゚ )!!!

    ついに開放されたグラスの上で小リスは上機嫌、やっぱりミーチェムにはグラスが似合う♪(・´з`・)
    勝負の際で実力を発揮、2戦ともシビれる対決制しての勝ち上がり、自分の庭で気力十分で戦えますね。ドローにもシビれたけどね^^;

    まずは全仏、カサキナとの記憶に残る1戦、限界付近まで競り合った試合、お疲れ様でした!!!(>_<)!!!
    いや~、勝敗は時に残酷ですが、ミーチェムとしては今のカサキナ相手にここまで実のある試合できたことで、悔しさ以外にもはっきり見えた事、あったと思います。スィオンテクと打ち合って得たヒント、きっかけみたいなのあったかな?
    あまりにも見入ってたためゲーム通じてのアップダウンはあまりわからなかったけど、2セット目4-3で炸裂したミーチェムのバックハンドに対してカサキナの不安に満ちた表情が印象的だったし、ドロップ拾ったカサキナは足使ってて、次ダブルフォルト、足にきてますよ~感丸出しだったし、ミーチェムのフォアのクロスにカサキナのバックのディフェンス、いつフォア来るんだよ~~ってせめぎあい、心理的攻防戦、見ていて鳥肌立ちましたし我慢比べもレベル高かったし、彼女のハイボールの配給をクロスで打ち下ろすのは肩の稼働にけっこう負荷かかっただろうし、まぁ大変だったと思いますが本当に良いテニスを見せてもらいました( ’o’)!!!
    カサキナは身体が出来てきて、ベテラン(?)というより円熟の域に入ってきてメンタルのブレもなくなり好調中で手ごわかったですね。勝負の分岐点はまったくわからなかった。クレーでここまで頑張れたんだらかなり自信にもなったよね。やっぱりミーチェムはカサキナのような行儀の良いテニスとは手があうね(#^^)っ
    あとはゴリ押しパワー型への対応、です(`´)ノ

    グラスでまずはケルバーと。またかよ感ありますが、彼女としてはミーチェム見て元気出てるでしょう。ただし状態はついてきているのか。
    ミーチェムは状態良く自分の庭に入ってこれたので、先入観なくして全力でぶつかっていけると思います!!! 角度がひとつテーマになると思いますが、小リスはここで自由に駆け回ってビシっと厳しい自分のテニス、patient,accurate 、っしゃ!!!(^^)vv ここで飛躍だ頑張れ頑張れミーーーーーチェム!!!!!!!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ酒井亮太オフィシャルブログ|テニスコーチ酒井亮太オフィシャルブログ – in the ZONE –