今週、中国で行われている江西オープン(中国・江西省南昌)

日本女子の多くが参戦し、期待のかかる中でのシングルス2回戦。
全豪オープン女子ダブルス4強になった穂積絵莉(橋本総業)は、シェイ・スーウェイ(台湾)に6-4、3-6、4-6で逆転負け。
惜しくもシングルス8強を逃した。

同じく8強をめざす日比野菜緒(LuLuLun)はクリスティナ・プリスコバ(チェコ)と本日対戦予定。

ダブルスでは、準決勝進出をかけ、二宮真琴/高畑寿弥(共に橋本総業)ペア、日比野菜緒/加藤未唯(佐川印刷)ペアが奮闘する。
順調に勝ち進むと、両者は決勝でぶつかる。決勝戦で輝かしい日本人同士の戦いが見れるかもしれない。

その他、シングルスでは、尾崎里紗(江崎グリコ)、加藤未唯(佐川印刷)、奈良くるみ(安藤証券)、
ダブルスでは、穂積絵莉/尾崎里沙、波形純理(伊予銀行)/澤柳璃子(ミキハウス)、青山修子(近藤乳業)/チャン・カイチェン(台湾)が出場したが、1回戦で敗退となった。

今後女子選手たちは、 8月28日からのUSオープンに向けてアメリカのツアーに移動する予定。
女子スケデュール

記事:塚越景子 写真:佐藤ひろし

女子テニス 二宮真琴・高畑寿弥ペア、ストレート勝利で2回戦進出【江西オープン】

日本人プレーヤー今週の動向。錦織圭 杉田祐一アメリカツアー。女子は中国