★グランド・スラム
■Roland Garros – Paris, France (Red Clay)
フランスのパリで行われてる4大大会、全仏オープン Roland Garros(賞金総額16,807,400ユーロ, レッドクレー)は大会5日目の27日、女子シングルス2回戦が行われ、第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(25歳、セルビア)が、世界ランク118位で予選上がりのカイア・カネピ(24歳、エストニア)に対し 6-2 3-6 6-4 のスコアで辛くも勝利し、3回戦進出を決めた。


この試合、ヤンコビッチは第1セットから2度のサービス・ブレークを奪い勢いに乗り、僅か28分でセットを先取。しかしカネピも2009年にはランキングを18位まで上げた選手。簡単には試合を譲らず 6-3 で第2セットを取り返す。勝負の最終セット、ヤンコビッチはサービス・エースを2本取るなど、ファースト・サーブの確率を上げて主導権を渡さない。僅か1つのサービス・ブレークの差でヤンコビッチが逃げ切り、6-2 3-6 6-4で辛くも勝利した。試合時間は2時間4分であった。
また、1回戦でふくらはぎを負傷しながらも奇跡の勝利を成し遂げたクルム伊達公子(39歳、日本)は、足の具合が影響し、0-6 と僅か20分で第1セットを落とすと、第2セットでも思うようにプレーできず 3-6 で敗退した。
クルム伊達2回戦の詳細は⇒こちら
その他では、第5シードのエレーナ・デメンチェワ(28歳、ロシア)も世界ランク43位のアナベル・メディナガリゲス(27歳、スペイン)を 6-2 7-6(3) で下し、3回戦進出を決めた。一方、第8シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(21歳、ポーランド)は世界ランク36位のヤロスロワ・シュウェドワ(カザフスタン)に 5-7 3-6 のストレートで敗れた。上位8シード勢では初の敗退者となった。
本日、大会6日目となる28日は、前日雨のため消化できなかったシングルス2回戦と、シングルス3回戦が行われる予定。第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(28歳、米国)をはじめ、第2シードのビーナス・ウィリアムズ(29歳、米国)、第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(19歳、デンマーク)、怪我から復帰したマリア・シャラポワ(23歳、ロシア)、マリア・キリレンコ(23歳、ロシア)らが揃う豪華な顔ぶれ。また今年1月に現役復帰し、過去に全仏オープン4度優勝のジュスティーヌ・エナン(28歳、ベルギー)も前日から順延された試合に登場。3回戦からはシード勢同士の対決が始まり、熱戦が期待される。28日現地パリの天気予報は、晴れ時々曇りとなっている。
ライブスコアはこちら

全仏オープン

女子シングルス
3回戦

【トップハーフ】
2回戦が未終了
【ボトムハーフ】
スべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)(6) vs マリア・キリレンコ(ロシア)(30)
フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)(17) vs 李娜 (LI, NA)(中国)