★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
英国のロンドンで開催されている芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)は、大会10日目の30日、男子シングルスの準々決勝が行われ、センターコートの第1試合に登場した、第1シードのロジャー・フェデラー(28歳、スイス)が、第12シードのトーマス・ベルディハ(24歳、チェコ)に、4-6 6-3 1-6 4-6 で敗れる波乱が起きた。


昨年は、決勝でアンディ・ロディック(27歳、米国)を破り、6度目の優勝に輝いたフェデラー。そして、7年連続でウィンブルドンの決勝に進出していたが、決勝に進むことなく敗れたのは2002年に1回戦で敗れて以来となった。
一方のベルディハは、先の全仏オープンに続いての4強入り。ウィンブルドンでチェコの選手が準決勝に進んだのは、1990年のイワン・レンドル以来となった。