★WTA女子テニスツアー(WTA Premier)
■TORAY PAN PACIFIC OPEN, Tokyo, Japan (Hard/Outdoors)
9月26日から10月2日まで東京都江東区有明テニスの森で開催されるWTA女子プレミア大会東レ・パンパシフィック・オープン(賞金総額$2,000,000、ハード)のドロー(組み合わせ)が発表された。日本勢で世界ランク51位とトップランカーのクルム伊達公子(39歳)は、1回戦で第12シードのマリア・シャラポワ(23歳、ロシア)と対戦する組み合わせとなった。


昨年大会の覇者、人気のマリア・シャラポワ(23歳、ロシア)は第12シードとしてボトムハーフに配置され、1回戦では日本期待のクルム伊達と対戦する。両者は初対戦、1回戦屈指のカードとなった。クルム伊達は大会期間中の28日に40歳を迎える。
そして、第1シードには、昨年のUSオープン準優勝で世界ランク2位のキャロライン・ウォズニアッキ(20歳、デンマーク)が、第2シードには、今年のウィンブルドン選手権とUSオープン準優勝者のベラ・ズボナレワ(26歳、ロシア)、第3シードには、世界ランク6位のエレナ・ヤンコビッチが、そして第4シードには、今年の全仏準優勝のサマンサ・ストーサー(26歳、オーストラリア)、第5シードには、今年の全仏女王フランチェスカ・スキアボーネ(30歳、イタリア)が選出された。
その他の日本勢は、森田あゆみ(20歳)が、ウィンブルドン選手権ベスト4で世界ランク32位のツベタナ・ピロンコバ(23歳、ブルガリア)と、奈良くるみ(19歳)が、全仏オープンでベスト8で世界ランク36位のヤロスロワ・シュウェドワ(23歳、カザフスタン) と対戦する。
日本勢の3選手は共に、ボトムハーフに組み込まれた。世界の強豪を迎えた本戦は、いよいよ26日の日曜日に始まる。
ライブスコア⇒こちら(大会公式サイト)

WTA Premier: $2,000,000 TORAY PAN PACIFIC OPEN

シングルス
1回戦

【トップハーフ】
キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] BYE
予選通過者 vs 予選通過者
カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ) vs アナベル・メディナガリゲス(スペイン)
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア) vs アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)[16]
スべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[10] vs アグネシュ・サバイ(ハンガリー)
ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン) vs アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)
オリガ・ゴボルツォワ(ベラルーシ) vs 予選通過者
BYE アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[6]
———-
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[4] BYE
ユリア・ゲルゲス(ドイツ) vs ディナラ・サフィナ(ロシア)
予選通過者 vs クララ・ザコパロバ(チェコ)
ポローナ・エルコグ(スロベニア) vs アラバン・レゼー(フランス)[14]
マリオン・バルトリ(フランス)[11] vs ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)
アリサ・クレイバノワ(ロシア) vs アナ・イバノビッチ(セルビア)
予選通過者 vs ルーシー・サファロバ(チェコ)
BYE ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[8]
【ボトムハーフ】
フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)[5] BYE
アレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア) vs 予選通過者
アンジェリーク・クルベール(ドイツ) vs ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)
クルム伊達公子(日本)(WC) vs マリア・シャラポワ(ロシア)[12]
シャハー・ピアー(イスラエル)[13] vs ティメア・バシンスキー(スイス)
メラニー・ウダン(米国) vs カイア・カネピ(エストニア)
ペトラ・クビトバ(チェコ) vs アリョーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)
BYE エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[3]
———-
エレーナ・デメンチェワ(ロシア)[7] BYE
ヤロスロワ・シュウェドワ(カザフスタン) vs 奈良くるみ(日本)(WC)
予選通過者 vs フラビア・ペンネッタ(イタリア)
マリア・キリレンコ(ロシア) vs 李娜(中国)[9]
ナディア・ペトロワ(ロシア)[15] vs 予選通過者
森田あゆみ(日本)(WC) vs ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)
バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ) vs サラ・エラニ(イタリア)
BYE ベラ・ズボナレワ(ロシア)[2]
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、BYE:1回戦シード(対戦無し)