★ATP男子テニスツアー(ATP250)
■Aircel Chennai Open 2011 , Chennai, India (Hard)
1月6日、インドのチェンナイで行われている2011年シーズンの開幕戦、チェンナイ・オープン(賞金総額$398,250、ハード)のシングルス2回戦が行われ、1回戦で第2シードのマリン・チリッチ(22歳、クロアチア)を下した錦織圭(21歳)が、この日は世界ランク105位のアレハンドロ・ファリャ(27歳、コロンビア)を4-6 6-3 6-2の逆転で下し見事に8強入りを決めた。


新しい契約ウェアのユニクロを身にまとい登場した錦織、この日は、1回戦と同じく第1セットを失う苦しいスタート。しかし、この日はサービスが好調。第2セット71%、第3セットは65%の高い確率でファーストサービスを決め、ファリャのサービスを6度ブレークに成功。2時間8分の試合を逆転で制した。
勝った錦織は準々決勝では、第8シードで同ランク49位のヤンコ・ティプサレビッチ(26歳、セルビア)と対戦する。ティプサレビッチは昨年初優勝を果したセルビアのデビスカップ代表選手。両者は初対戦となる。
また、この日は予選を勝ち上がり世界ツアー初勝利を挙げた杉田祐一(22歳)も2回戦に登場。第8シードで同ランク65位のロビン・ハース(23歳、オランダ)と対戦したが、6-4 3-6 4-6と惜しくも逆転で敗れた。190cmの長身ハースから10本のサービスエースを奪われながらも、第1セットを先取する健闘。最終セットでは第1ゲームを先にブレークされるが続く第2ゲームでブレークバックを奪って見せた。しかし第7ゲームで再びブレークを許し3-4とされると、そのまま4-6で押し切られた。初の世界ツアー戦で、シード選手相手に見せた健闘は、今シーズンの活躍を予想させるに十分な内容だった。
注目の錦織の準々決勝は7日(金)の第3試合に行われる予定で、第1試合の開始は午後5時(日本時間午後8時30分)となっている。
◆関連サイト
ライブスコア(ATP公式サイト)
シングルス・ドロー(ATP公式サイト)

ATP250:$398,250 Aircel Chennai Open 2011

シングルス
準々決勝

錦織圭 vs ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)[6]

2回戦

錦織圭 4-6 6-3 6-2 ●アレハンドロ・ファリャ(コロンビア)
○ロビン・ハース(オランダ)[8] 4-6 6-3 6-4 ●杉田祐一

1回戦

錦織圭 4-6 7-6(0) 6-2 ●マリン・チリッチ(クロアチア)[2]
杉田祐一 6-4 2-6 6-2 ●ダスティン・ブラウン(ドイツ)

シングルス予選
予選決勝

○GOFFIN, David(ベルギー) 6-3 6-4 ●添田豪[1]
杉田祐一[8] 6-2 6-3 ●KRAVCHUK, Konstantin(ロシア)[4]

予選2回戦

添田豪[1] 6-3 7-5 ●SINGH, Karunuday(インド)
杉田祐一[8] WO ●FRIEDL, Leos(チェコ)

予選1回戦

添田豪[1] 5-2 Ret’d ●PUTTKAMMER, Daniel(ドイツ)(WC)
杉田祐一[8] 6-3 6-0 ●VIRALI-MURUGESAN, Ranjeet(インド)
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、.Ret’d:途中棄権、WO:相手棄権による不戦勝