★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
17日からオーストラリアはメルボルンで始まる今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)のドローが発表され、世界ランク52位のクルム伊達公子(40歳)の1回戦の対戦相手は、第12シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(21歳、ポーランド)に決まった。4大大会では、4大会連続で1回戦の対戦相手がシード選手となった。両者は初対戦となる。


クルム伊達は、2009年の全仏オープンでは1回戦で、第9シードのディナラ・サフィナ(24歳、ロシア)に勝利しており、それ以来となる4大大会勝利を目指す。
また、その他の日本勢では、9大会連続での4大大会出場となる森田あゆみ(20歳)が、第27シードのアレクサンドラ・ドゥルゲル(21歳、ルーマニア)と、初の4大大会出場を果たした世界ランク112位の波形純理(28歳)は、同ランク106位のレベッカ・マリーノ(20歳、カナダ)と対戦、4大大会での初勝利を目指す。両者ともに初対戦となる。
大会の第1シードには、世界ランク1位のキャロライン・ウォズニアッキ(20歳、デンマーク)が、第2シードには同ランク2位のベラ・ズボナレワ(26歳、ロシア)が入り、ともに4大大会初優勝を目指す。
そして第3シードには、2010年USオープンの覇者キム・クライシュテルス(27歳、ベルギー)が入り、ズボナレワのいるボトムハーフに配置、第4シードには、4大大会7勝を誇るビーナス・ウィリアムズ(30歳、米国)が入り、ウォズニアッキのいるトップハーフに配置された。なお、昨年大会優勝の妹、セリーナ・ウィリアムズ(29歳、米国)は怪我のために欠場している。
その他の注目選手では、昨年復帰を果たした元女王、ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が第11シードとして、トップハーフに入った。昨年の大会では復帰後、いきなり準優勝に輝いており、ウィンブルドン選手権で痛めた肘の影響は心配されるが、相性の良い全豪オープンで4大大会8度目の優勝を狙う。
いよいよ今シーズン最初の4大大会が17日から始まる。
◆関連サイト
ライブスコア(大会公式サイト)

GrandSlam:Australian Open 2011

女子シングルス
1回戦

【トップハーフ】
キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] vs ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)
タミラ・パスゼック(オーストリア) vs バニア・キング(米国)
ルーシー・フラデカ(チェコ) vs アルバータ・ブリアンティ(イタリア)
アンジェリーク・クルベール(ドイツ) vs ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[29]
ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)[21] vs ジャミラ・グロス(オーストラリア)
ポローナ・エルコグ(スロベニア) vs アナスタシア・セバストバ(ラトビア)
予選通過者 vs POUS-TIO, Laura(スペイン)
タチアナ・ガルビン(イタリア) vs マリオン・バルトリ(フランス)[15]
ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)[11] vs 予選通過者
予選通過者 vs エレナ・バルタチャ(英国)
ベサニー・マテック(米国) vs 予選通過者
RISKE, Alison(米国) vs スべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[23]
ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)[32] vs PARMENTIER, Pauline(フランス)
ティメア・バシンスキー(スイス) vs モニカ・ニクルスク(ルーマニア)
レベッカ・マリーノ(カナダ) vs 波形純理(日本)
アランチャ ・パーラ・サントンハ(スペイン) vs SCHIAVONE,Francesca(イタリア)[6]
———-
ビーナス・ウィリアムズ(米国)[4] vs サラ・エラニ(イタリア)
ZAHLAVOVA, Sandra(チェコ) vs レナタ・ボラコバ(チェコ)
予選通過者 vs 予選通過者
ジル・クレイバス(米国) vs アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)[30]
カイア・カネピ(エストニア)[20] vs マグダレナ・リバリコワ(スロバキア)
ユリア・ゲルゲス(ドイツ) vs GALLOVITS – HALL, Edina(ルーマニア)
エレーナ・ベスニナ(ロシア) vs ビルジニ・ラザノ(フランス)
タマリネ・タナスガーン(タイ) vs マリア・シャラポワ(ロシア)[14]
李娜(中国)[9] vs ソフィア・アルビドソン(スウェーデン)
RODINA, Evgeniya(ロシア) vs ROGOWSKA, Olivia(オーストラリア)(W)
ONDRASKOVA, Zuzana(チェコ) vs エレナ・ドキッチ(オーストラリア)(W)
バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ) vs アラバン・レゼー(フランス)[17]
ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)[28] vs レジナ・クリコバ(ロシア)
カロリーナ・シュプレム(クロアチア) vs シャネル・シェパーズ(南アフリカ)
MAYR-ACHLEITNER, Patricia(オーストリア) vs HLAVACKOVA, Andrea(チェコ)
予選通過者 vs ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[8]
【ボトムハーフ】
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[7] vs アラ・クドリャフツェワ(ロシア)
カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ) vs 彭帥(中国)
GARCIA, Caroline(フランス)(W) vs バーバラ・レプシェンコ(米国)
森田あゆみ(日本) vs アレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア)[27]
アリサ・クレイバノワ(ロシア)[24] vs 予選通過者
予選通過者 vs シモーナ・アレ(ルーマニア)
FERGUSON, Sophie(オーストラリア)(W) vs 予選通過者
クルム伊達公子(日本) vs アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[12]
ナディア・ペトロワ(ロシア)[13] vs クセニア・ペルバク(ロシア)
アリシア・モリク(オーストラリア)(W) vs ロベルタ・ビンチ(イタリア)
パティ・シュナイダー(スイス) vs 予選通過者
エカテリーナ・マカロワ(ロシア) vs アナ・イバノビッチ(セルビア)[19]
マリア・ホセ・マルチネス・ サンチェス(スペイン)[26] vs ARN, Greta(ハンガリー)
予選通過者 vs アリーゼ・コルネ(フランス)
MCHALE, Christina(米国) vs カルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)
ディナラ・サフィナ(ロシア) vs キム・クライシュテルス(ベルギー)[3]
———-
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[5] vs DAVIS, Lauren(米国)(W)
マリア・エレナ・カメリン(イタリア) vs ベラ・ドゥシェビナ(ロシア)
オリガ・ゴボルツォワ(ベラルーシ) vs アンナ・チャクベタゼ(ロシア)
PEERS, Sally(オーストラリア)(W) vs ペトラ・クビトバ(チェコ)[25]
フラビア・ペンネッタ(イタリア)[22] vs アナスタシア・ロディオノワ(オーストラリア)
DOMINGUEZ LINO, Lourdes(スペイン) vs LARSSON, Johanna(スウェーデン)
ソラナ・チルステア(ルーマニア) vs ミリヤナ・ルチッチ(クロアチア)
マチルド・ジョハンソン(フランス) vs シャハー・ピアー(イスラエル)[10]
アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)[16] vs キルステン・フリプケンス(ベルギー)
アクグル・ アマンムラドワ(ウズベキスタン) vs クリスティーナ・バロア(ドイツ)
アナベル・メディナガリゲス(スペイン) vs イベタ・ベネソバ(チェコ)
ロミナ・オプランディ(イタリア) vs マリア・キリレンコ(ロシア)[18]
ルーシー・サファロバ(チェコ)[31] vs 張帥(中国)
クララ・ザコパロバ(チェコ) vs メラニー・ウダン(米国)
ボヤナ・ヨバノフスキ(セルビア) vs カイチェン・チャン(台湾)(W)
シビル・バンマー(オーストリア) vs ベラ・ズボナレワ(ロシア)[2]
※カッコ[]内数字はシード順位、W:主催者推薦出場、Ret.:途中棄権