★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
本日19日、オーストラリアはメルボルンで開催されている今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)の男子シングルス2回戦が行われ、1回戦で全豪初勝利を挙げた日本期待の錦織圭(21歳)が登場。世界ランク36位のフロリアン・メイヤー(27歳、ドイツ)と対戦し、6-4 6-3 0-6 6-3で勝利を決め全豪オープン初の3回戦進出を決めた。
この日、第1セットをメイヤーに1ブレークも許さず奪うと、第2セットは一時1-3とリードを許す。しかし、そこから錦織がプレーのレベルをトップギアに入れ圧巻の5ゲーム連取。得意のエア・K(フォアハンドのジャンピングショット)も放たれ流れは完全に錦織かと思われた。勝利に王手を懸けた第3セット、一気に試合を決めるかと思われたが、メイヤーも簡単には勝負を譲らず、まさかの0-6で落としてしまう。
第4セットはしっかりと立て直し、第4ゲーム目でブレークを奪いリードすると、最後はバックボレーをオープンコートに鮮やかに叩き込み勝利を決めた。


勝った錦織、3回戦では第9シードのフェルナンド・ベルダスコ(27歳、スペイン)か、ノーシードのヤンコ・ティプサレビッチ(26歳、セルビア)と対戦する。ベルダスコとは初対戦、ティプサレビッチとは今年1月に行われた前哨戦にあたるチェンナイ・オープンの準々決勝で対戦し、4-6 4-6で敗れている。注目の3回戦は21日金曜日以降に予定されている。

試合経過

第1セット 10 11 12 TB  
錦織圭              
メイヤー                  
第2セット 10 11 12 TB  
錦織圭              
メイヤー                    
第3セット 10 11 12 TB  
錦織圭                          
メイヤー              
第4セット 10 11 12 TB  
錦織圭              
メイヤー                    

試合時間:2時間24分
※表の見方
 ○:サービスキープ
 ◎:サービスブレーク
◆関連サイト
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)