★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
27日、オーストラリアはメルボルンで開催されている今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)の車いす部門が行われ、男子シングルスの準決勝で日本が世界に誇る王者、第1シードの国枝慎吾(26歳)が、世界ランク5位のAMMERLAAN, Robin(42歳、オランダ)を、6-4 6-4のストレートで下し、決勝に駒を進めた。


大会5連覇が懸かる決勝では、第2シードのステファン・ウデ(40歳、フランス)と対戦する。ウデは、昨年11月にオランダで行われた世界マスターズの準決勝で7-5 6-4のストレートで国枝を破り、国枝の連勝記録を108で止めた選手。
なお、国枝はオランダの選手と組んだダブルスでも決勝に進出しており、同じく第2シードのウデのペアと対戦する。
注目の決勝戦は、ダブルスが本日28日、シングルスの決勝は明日29日に行われる。
国枝は、車いすテニスにおける4大大会(全豪オープン、ジャパンオープン、全仏オープン、USオープン)で、2007年から15連覇中。今大会で16連覇と、全豪オープン5連覇という偉業を狙う。
◆関連サイト
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)
車いすテニスのルール
国枝慎吾ブログ
丸山弘道ブログ(国枝ツアーコーチ)

GrandSlam:Australian Open 2011 車いすテニス

男子シングルス
決勝

国枝慎吾[1] vs ステファン・ウデ(フランス)[2]

準決勝

国枝慎吾[1] 6-4 6-4 ●AMMERLAAN, Robin(オランダ)

準々決勝

国枝慎吾[1] 6-1 6-0 ●VINK, Ronald(オランダ)

男子ダブルス
決勝

SCHEFFERS, Maikel(オランダ)/国枝慎吾[1] vs ステファン・ウデ/Peifer, Nicolas(フランス)[2]

準決勝

○SCHEFFERS, Maikel(オランダ)/国枝慎吾[1] 6-2 6-4 ●OLSSON, Stefan(スウェーデン)/AMMERLAAN, Robin(オランダ)
※カッコ[]内数字はシード順位