★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
いよいよ29日、今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)の女子シングルス決勝が行われる。128ドローから、決勝に勝ち上がったのは、昨年のUSオープンに続いての優勝を狙う第3シードのキム・クライシュテルス(27歳、ベルギー)と、アジア勢では男女を通じて初となる4大大会決勝進出を決めた、第9シードの李娜 (リー・ナ)(28歳、中国)となった。


クライシュテルスは、準決勝では、第2シードのベラ・ズボナレワ(26歳、ロシア)をストレートで下し、李は、第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(20歳、デンマーク)をフルセットの逆転で下して決勝に勝ち上がった。
クライシュテルスは、ここまでの6試合、1セットも失うことなく、李もウォズアッキに与えた1セットだけしか与えておらず、両者磐石の勝ち上がりを見せてきた。
両者、年齢は1歳差、右利きで両手バック、身長も大差ない。攻撃的なテニスと、なかなか崩れない安定したテニスという点でも共通点が多い。使用するラケットまで同じだ。
決勝戦は一方的な試合になることは考えにくく接戦が予想される。
両者の過去の対戦成績は4勝2敗でクライシュテルスがリードしているが、前哨戦となるシドニー国際では決勝で対戦があり、7-6(3) 6-3のストレートで李が勝利している。昨シーズンの2010年は対戦が無い。
大一番での経験に勝るクライシュテルスか、勢いそのままに、李がアジアに初となる4大大会タイトルをもたらすのか。
注目の決勝戦は、29日(土)センターコートの第3試合(日本時間午後5時30分以降に開始)で行われる。
◆関連サイト
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

Head to Head
李娜 (リー・ナ) vs キム・クライシュテルス
2 対戦成績 4
28 年齢 27
中国 国籍 ベルギー
172cm 身長 174cm
65kg 体重 68kg
11位 現ランキング 3位
9位 最高ランキング 1位
12-1 全豪得失セット 12-0
11-0 2011勝敗 10-1
4 生涯タイトル 40
0 4大大会タイトル 3
  プレー連続写真 ウィンブルドン2010
右利き
両手バックハンド
利き手 右利き
両手バックハンド
バボラ ピュアドライブGT 使用ラケット バボラ ピュアドライブGT

※勝敗は左が勝ち数、右が負け数。勝敗には、今大会の成績を含む。