★男子世界ツアー・ATP MASTERS1000大会
■$3,645,000 Sony Ericsson Open – Miami, FL, USA(Hard)
24日、米国のマイアミで行われているソニー・エリクソン・オープンATP MASTERS1000、屋外ハード)のシングルス1回戦が行われ、世界ランク62位の錦織圭(21歳)が、同49位のジェレミー・シャルディー(24歳、フランス)を、7-6(7-5) 6-2のストレートで下し2回戦に進出した。


この試合、第1セットは両者譲らずサービスキープを続けタイブレークに突入、勝負強さを見せる錦織が7-5で先取。第2セットは錦織が先にブレークに成功すると合計2つのブレークを奪い6-2で完勝した。188cmの長身シャルディーは11個のサービスエースを量産したが、同じく11個のダブルフォルトを犯し、出入りの激しいテニスとなった。
逆に錦織はサービスが安定。78%の高い確率でファーストサービスを成功させると、その内の70%を得点に結び付けた。結果、シャルディーにブレークを許すことなく1時間35分で試合を決めた。
錦織にとって、グランドスラム大会に次ぐATP MASTERS1000大会での初勝利となった。
勝った錦織は、2回戦では第1シードで世界ランク1位のラファエル・ナダル(24歳、スペイン)と対戦する。ナダルとは2010年のウィンブルドン選手権以来となる3度目の対戦となり、これまでは芝のコートでナダルが2連勝、ハードコートでは初の対戦となる。
注目の対戦は、現地26日(土)にセンターコートの第5試合で行われる予定。(日本時間27日午前9時以降の開始)
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

ATP MASTERS1000:$3,645,000 Sony Ericsson Open

男子シングルス
2回戦

錦織圭 vs ラファエル・ナダル(スペイン)[1]

1回戦

錦織圭 7-6(5) 6-2 ●ジェレミー・シャルディー(フランス)

男子ダブルス
1回戦

錦織圭/ドナルド・ヤング(米国)(WC) vs ユルゲン・メルツァー (オーストリア)/フィリップ・ペッツシュナー (ドイツ)[4]
※カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者、WC:主催者推薦出場、SE:予選免除、LL:予選敗者からの繰上