★グランドスラム
■US Open – New York, USA (Hard)
31日、USオープン(米国/ニューヨーク、ハード)は大会3日目を迎え、男子シングルス1回戦で、世界ランク127位の伊藤竜馬(23歳)が、第25シードで同26位のフェリシアーノ・ロペス(29歳、スペイン)に、2-6 4-6 4-6のストレートで敗れ初戦敗退となった。


ランキングを上げ、4大大会初の本戦出場を果した伊藤。そして、残る最後の日本選手(シングルス)として試合に臨んだ。
対戦したロペスは身長188cmの左利きで、サービスとネットプレーを得意としている選手。
テニス界屈指のビックサーバー、ロペスはこの日もサービスが好調、18個のサービスエースを量産すると、伊藤に一度もサービスブレークを許さなかった。
対する伊藤は、時折、得意のフォアハンドで押し込む場面を見せるものの、ロペスに4度のブレークを奪われ、一度もリードすることなくストレートで敗れた。
勝ったロペスは2回戦では、予選を勝ち上がってきた世界ランク143位のPOSPISIL, Vasek(21歳、カナダ)と対戦する。
伊藤は試合後、世界と戦うためには、サービスとリターンを磨くことが課題と語った。
これで日本勢は、男女を通して6人の選手がシングルスに出場したが、全員が1回戦で敗れる残念な結果となった。
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)