techni_que? フォアハンド・切り返し

1.4 フォアハンド・切り返し

1.3からの一連の動作でラケットヘッド”だけ”が落ちなければトップスピンはかからない。僕はトップスピンをかけるにあたって、この”だけ”がとても大きなポイントであると強く言いたい。腕もリストも一緒に落ちてしまうと(ラケットヘッドと同じ高さになってしまうと)トップスピンはかからない。反対にリストとラケットヘッドの角度がつけば付くほどトップスピンというのはかかる。ようはスナップを利かせることが出来る。









201004101630.jpg

ラケットヘッド”だけ”が落ちることによってトップスピンがかかる。



201004101631.jpg

リストも一緒に落ちてしまうとトップスピンはかからない。

上記はあくまでも一連の動作の中での切り返し(しなり)である。最初から上記の形をつくってもトップスピンはかからない。

twitter / kanekohideki

techni_que?

techni_que?は今一度基本に戻り、ひとつひとつ再確認をしながらまとめてみたものである。ここではあえてテクニックにこだわりたいと思う。皆が当然と知っているであろうことをあげていくことにする。



コメント

  1. 酒井亮太 さん : 2010.04.11

    これを直接習いたい方はバンコクに来て頂かなければいけませんね。

    返信

  2. 濱ちゃんのHAM友人 さん : 2010.05.05

    金子さん
    ご無沙汰です。初コメント
    解りやすいが、私には出来ていません・・・
    私はX印の打ち方です。今度ドイツに機会があれば教えてください。

    返信

  3. 濱ちゃんのHAM友人 さん : 2010.05.05

    金子さん
    ご無沙汰です。初コメント
    解りやすいが、私には出来ていません・・・
    私はX印の打ち方です。今度ドイツに機会があれば教えてください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ