伊達さんとインターハイ予選@千葉

伊達さん、惜しかったですね。優勝してもらいたかったけど、
予選から戦って、ダブルスまで出場したとなると、やっぱり体力的にキツかったかなぁ。
タマリンも頑張ったね!
彼女も私と同じ世代だから、たぶん・・・もうそろそろ30代のはず。
最近はパパと一緒にはツアーを回ってないのかしら。
優しいパパさんで、タマリンとよく似てて。懐かしい~。

パパさんといえば、
今日は私がいつも名古屋でお世話になっている”名古屋のパパさん&ママさん”が
伊達さんの試合を観に行っていたので、試合の様子を詳しく教えていただきました。
ダブルスまで盛り上がったみたいですね!

私は千葉の高校生のインターハイ予選を観に行っていたのですが、
こちらも盛り上がってました!
特に高校3年生の試合は、見ていてなんとも言えない空気になりますね。
彼らにとっては高校生活で最後の大会になるので。
今日は個人戦なのでまだ控えめですが、これが団体戦となると涙なしには見られません。

私が伊達さんを初めて見たのは、伊達さんが高校3年生の夏でした。
神戸であった全日本ジュニアで、私は準決勝(16歳以下の部)で負けたのですが、
どうしても伊達さんの決勝戦(18歳以下)が見たくて、もう一日神戸に残りました。
しかも決勝の相手が沢松奈生子ちゃんとくれば、誰だって見たいですよね。

決勝戦は衝撃的な展開でした。
コート脇から伊達さんのショットがコートに突き刺さるように飛んでいくのを見て、
「うわ~っ!ヤバイ!」って感じでした。

前日に沢松奈生子ちゃんvs遠藤愛ちゃんの準決勝で、
”クロス&ストレートラリーが永遠に続く試合”を見た時も
「うひょ~!私には無理!」って感じでしたが、決勝はそれよりも衝撃的でした。

伊達さんの圧勝であっという間に終わってしまったけど、
「千葉に帰らないで神戸に残って良かった!」と思える試合でした。

なんだか、伊達さんのお蔭で昔の記憶がどんどん甦ってきます。
前回、コメントを書いてくださった方と同じですね!
この気持ちって、なんか嬉しい♪

今は千葉のインターハイ予選を見て、「うわ~!」とか、「うひょ~」とはなってませんが、
(私が年を取ったからかしら?)
今年はかなり早いラウンドからレベルの高い試合になっています。
明日はいよいよインターハイ決定戦。
「うわ~!」って試合になるかしら。
みんな頑張って!!


コメント

  1. TATSUYA@ さん : 2008.05.10

    私も”本格的なな”現役を引退し、社会人になった3年目に国体の代表で復帰したことがあります。
    面白いもんで、現役時代には見えなかったものが見えたり(決して幽霊が見えたわけではないが・・・)、今までへっちゃらだった体が肉離れを起こしたり。。。でも、若手の選手に何かは見せることができたかな?、ブランクがあっても、ちゃんと勝負に行った自分の中で、本格的にやってた頃の自分の対して「ああ、あの時こう考えてやってれば・・・」っていう後悔も芽生えたり。いい経験させてもらいましたよ。
    どんな形であれ、復帰すること自体は面白い試みだったと思っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –