簡単に毎日の健康データや運動データを記録して、健康管理ができるアプリ。運動量や体重などの変化をグラフで見ることができ、これからの季節に向けてダイエットにも役立つかも!


概要

カレンダー形式で、日々の健康状態や運動、食事などの記録をひとつのアプリで管理できるのがポイント。体重や体脂肪、血圧などをグラフ表示できるので、健康管理やダイエットのサポートとして最適。食事(写真)の登録やメモ機能などもあり、日記や子どもの成長記録としても使えます。


ダウンロードとインストール

アプリ&レビューで対応OSのバージョンをチェックし、「Google Playからダウンロード」をタッチ。
②アプリサイズを確認して、空き容量に問題なければ「インストール」をクリック。

アプリ&レビューで対応OSのバージョンをチェックし、「Google Playからダウンロード」をタッチ
空き容量に問題なければ「インストール」をクリック


ホーム画面と基本設定

①ホーム画面はシンプルなカレンダー形式。「体重&BMI」「スポーツ」「体調」の3つの項目を入力するとカレンダーにそれぞれ色が付きます。その日の記録をメールする機能や、パスワードをかけて誰にも見られないようにすることもできます。
②まず最初に基本設定を行います。使用開始時の身長や体重などを詳細に入力していきます。BMIは肥満度のこと。BMIは基本設定で入力しなければいけませんが、一度設定したあとは日々の入力から自動的に算出されます。基本設定の前に、毎日の身長、体重、体脂肪率を入力するとBMIは自動的に計算されるのでその数値を入れるといいでしょう。

カレンダー形式のホーム画面
まずは基本設定の入力


豊富な記録項目

①「体重&BMI」の入力は、朝と夜それぞれの体重、体脂肪率を入力します。BMIは入力した体重と身長から自動的に計算されます。身長は基本設定で入力した数値が表示されますが、もちろん変更もできます。
②「スポーツ」の入力では、日々の運動を記録します。21種類の運動から、その日にした時間や回数を記録していきましょう。

「体重&BMI」の入力
「スポーツ」の入力



③スポーツは入力項目が多いので、使わない項目はメニューから非表示にすることもできます。
④「体調管理」は血圧や体温、睡眠時間といった健康に関する記録を付けます。3枚の写真を食事として記録できますので、毎日の食事アルバム代わりにも使えるかも。
「スポーツ」の項目は表示・非表示を選べる
「体調管理」の入力


わかりやすくグラフで表示

①体重や血圧、体脂肪率など15項目については、グラフで日々の推移を見ることができます。
②体重をグラフで表示してみました。グラフは1、3、6、9、12カ月表示に切り替えることもできます。
15項目はグラフ表示ができます
グラフにすると推移がわかりやすい


③グラフ表示については横表示にも対応しています。横表示のほうが見やすいですね。
グラフは横表示にも対応
④記録したデータは、SDカードへのバックアップにも対応しています。機種変更をしても引き続き使えます。
SDカードにバックアップできます
 


アプリデータ

アプリ名称ヘルスろぐ Free(健康・運動・体重・血圧管理)
提供GalleryApp
価格無料
レビュー日2012年5月31日



アプリ&レビューでダウンロード