★グランド・スラム
■US Open – new york, USA (Hard)
8月30日から米国はニューヨークで始まる今季最後の4大大会、USオープン(賞金総額10,508,000ドル、ハード)のドロー(組み合わせ)が27日発表され、第1シードには今季、全仏オープンとウィンブルドン選手権を連勝し、USオープンを制することにより生涯グランドスラム達成となるラファエル・ナダル(24歳、スペイン)が、第2シードには、昨年の優勝者、ロジャー・フェデラー(29歳、スイス)がなり、4大大会17度目の優勝を狙う。


そして第3シードには、ノバク・ジョコビッチ(23歳、セルビア)が入り、注目のドローはフェデラーのボトムハーフに配置された。また、念願の4大大会初優勝を狙うアンディ・マリー(23歳、英国)は、第4シードとしてナダルのいるトップハーフに配置された。
昨年大会の優勝者、フアンマルティン・デルポトロ(21歳、アルゼンチン)は、手首の故障が完治せずに、欠場となっている。
なお、日本勢からは、錦織圭(20歳)、杉田祐一(21歳)、伊藤竜馬(22歳)の3選手が本戦入りを目指し、現在予選を戦っている。
全ドローは、以下の通り。

グランドスラム:10,508,000ドル US Open

男子シングルス
1回戦

【トップハーフ】
ラファエル・ナダル(スペイン)[1] vs ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)
マキシモ・ゴンザレス(アルゼンチン) vs デニス・イストミン(ウズベキスタン)
ジル・シモン(フランス) vs ドナルド・ヤング(米国)(WC)
KAMKE, Tobias(ドイツ) vs フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[29]
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[23] vs サンチアゴ・ジラルド(コロンビア)
ライナー・シュットラー(ドイツ) vs 予選通過者
セルジ・ スタホフスキ(ウクライナ) vs ピーター・ルクザック(オーストラリア)
予選通過者 vs イワン・リュビチッチ(クロアチア)[15]
ダビド・フェレール(スペイン)[10] vs アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)
ベンヤミン・ベッカー(ドイツ) vs ダニエル・ブランズ(ドイツ)
ヤルコ・ニエミネン(フィンランド) vs ダニエル・ヒメノ(スペイン)
ジェレミー・シャルディー(フランス) vs エルネスツ・ガルビス(ラトビア)[24]
ダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)[31] vs 予選通過者
フロラン・セラ(フランス) vs フロリアン・メイヤー(ドイツ)
ペレ・リバ(スペイン) vs 予選通過者
ファビオ・フォニュイーニ(イタリア) vs フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)[8]