[ラットショット]勝つ選手は使っている!Thailand F2 Futuresを観戦して、この1週間特に取り組んだ練習


先週のThailand F2 Futuresを観戦して、より必要性を感じたラットショット。

ラットショットについては上の動画と過去記事「必殺ショット!」をご覧下さい。

私達のアカデミーのプレイヤーズクラスで、この1週間、時間を掛けて取り組みました。

ボールにトップスピンを掛けずに、コートの外に逃げるショットを打てる様に取り組んでいます。1人目の選手の打つボールにはトップスピンが掛かっているので、これではなかなか効果的なボールにはなりません。
フューチャーズでもこの様なトップスピンのボールを打っている為に、ポイントが決まらずに、逆襲される選手をみました。


ボールにトップスピンを掛けない様にする為のポイントは2つ。
①ボールの上がってきた所を打つ事。
②ラケットヘッドを落とさない事と、あまり手首の形を変えすぎない事です。


こちらはポイント時のラットショット。
相手の返球が短いボールでの使用となっていますが、タイミング良くボールに入り、バウンド後にボールはサイドに切れています。
もっと深いボールでも、ボールのバウンドがネットよりも高く、ラットショットを打てる場合には、チャンスを逃さず入るように指導しています。
打てるボールを見逃して、バックハンドで効果のないボールを返してしまう選手もいるので、コーチは注意深くみておく必要があります。
トップ選手は、チャンスを絶対に見逃しません。
ここは特に大きな違いかもしれません。

ラットショットを技術的に身につける事も必要ですが、戦術的に正しいタイミングで打てているかという事もとても重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

Victory Swing|Victory Swing