【allout beat 2018 戦術】701:フォア・コースとツールの変化を加えてミスを誘う


allout beat 2018が無事終了しました。

こちらの写真は、日が昇る前にあまりの美しさに撮った空。
まるで「君の名は」の「かたわれどき」かのよう。

それでは、早速キャンプで取り組んだ戦術の1つをご紹介します。

701:フォア・コースとツールの変化を加えてミスを誘う

 

球出し・ラリー練習でもお馴染みなクロス2球・ストレート1球の練習。
allout beat 2018では、相手にミスをさせるために必要な「ステルス」そして「3球コンプリート」を合言葉に練習を行いました。

この練習で大切な2つのポイントをご紹介します

1. 【ステルス】3球目のダウンザラインは球種の変化を加えた「ラットショット」で打つ事。
*低いボールは無理をしてラットショットでは打たないこと。

2. 正確なコース・正しい球種の選択で、3球を成功させること。
*プレッシャーもなく、打つだけの練習では全く意味がありません。

こちらは、この練習に取り組んだジュニア選手たちの様子です。


【ステルス】
表面的にはわからない、ミスさせる要素を潜ませる。相手に常に気がつかれない変化を与えミスを誘う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

TAICHI WADA OFFICIAL BLOG|TAICHI SMILE ~Everyone Smile in Tennis~