8月26日(月)USオープン初日。13番コート、11時からのオープニング試合に出場した錦織圭はイギリスのエバンス(23歳、179位)と対戦、グランドスラム大会初戦の緊張からか、リズムが作れず、錦織らしいプレーが発揮できずに残念ながら敗れてしまった。

<USオープン男子1回戦>
●錦織圭 4-6 4-6 2-6 ○D.EVANS(GBR)

対戦相手のエバンスは23歳、身長175cm、錦織と年齢も体格も同じくらいだ。
179位、厳しい予選を勝ち上がってきている。左足に星3つ、左肘に入れ墨がある。

コート13の第1試合。もう最初からめーいっぱい観客が入っている。

エバンスのゲームで始まる、錦織のバッククロスウィナー。軽く打ってこれだ!
30-40とブレーク・チャンスがあったが、エバンスの連続サービス・エース。
エバンスは切れのいいサービスを持っている要注意だ。キープされる。

錦織の第2ゲーム、うまく逆を突いたバックダウンザラインウィナー。1-1とキープ。

エバンスの第3ゲーム、錦織はセカンドサービスに対して、かなり前でリターンをしてプレッシャーをかけている。
以前よりかなり前になったと思う。
錦織の回り込みフォアダウンザラインへ大きな弧を描く。
スレスレでなく、余裕ある高さなので、大きく弾む。これが相手にとっては取りづらい。

バックダウンザラインパスウィナー、早々と2-1ブレークアップする。いいぞ錦織!

錦織の第4ゲーム、0-40のピンチ。
ネットでフォアクロスボレーウィナー。
ジュースでエバンスがいくらヒットしても、錦織は動じず、コントロールプレーから80%の力で回り込みフォアダウンザラインウィナー。
5ポイント連取で3-1キープ。これはナイスゲーム!

4-3で錦織の第8ゲーム、2つのダブルフォルトが痛い。ファーストサービスが入らない。
リズムがつかめない!40-15から2回のジュース後、サーブを落としてしまった。(4-4)

4-5で錦織の第10ゲーム、エバンスが乗ってきた。フォアダウンザラインウィナーのカウンターパンチ。
このセット4つ目のダブルフォルトで0-30。セカンドサーブはネット。嫌なダブルフォルトだ。

1ポイント返すが、エバンスがネットでパスのコースを読んで、バックダウンザラインへ飛びつきボレーウィナー。
15-40と錦織はセットポイントを握られる

エバンスはそのチャンスをフォアクロスリターンの強打。錦織が先にセットを落とす。

第8&10ゲームともダブルフォルトでリズムを崩して、エバンスの思い切りのいいカウンターがマッチしてしまった。
エバンスは、特にセカンドサービスを思い切り叩くと決めているようだ。

錦織はファーストを入れ、普通にしっかりラリーすれば大丈夫なのだが、ファーストサーブからのリズムが作れない、非常にもったいないセットだった。

第2セット

錦織はしっかりラリーして、先に振り回してバックを狙う。
最初のサーブをブレークする錦織。

いいぞ!錦織!
錦織の第2ゲーム、30-0からまたしても5つ目のダブルフォルト。
4ポイント連取されて、先にブレークしたのに、ブレーク・バックされてしまう。(1-1)

4-5、錦織のサーブ、積極的に前に出た錦織だが、エバンスはランニング・パスを決める0-15
15-15、エバンスのボールはアウトのコール、
しかしここでなんと主審はオーバールールを!
このコートはチャレンジシステムがない。
ビデオ判定ができない。アウト臭かったが。錦織もそのように思っているようだ。

15-30になってしまう。ここは我慢のしどころ。
錦織はひつこくボールをつなぐ、エバンスもここが勝負どころ、とひつこくいやらしいバックのスライスで対応する。
エバンスのフォアがワイド、30-30。

ナイスサーブからフォアの攻撃をしかけようとしたが、
その最初のフォアクロスがネットに、30-40、セットポイントを握られピンチ!

ラリー戦を支配する錦織はフォアでダウン・ザ・ラインに打ち、果敢にネットにつく、
エバンスはバックのスライス、ややチップショット気味にやっとボールを返す、そのボールはネットすれすれを通り落ちていく、
錦織はそれをバックのローボレー、
しかしそのボールは無情にもネットの白帯に当たりネットを越えなかった。
錦織大ピンチ、2セットダウンだ!

大ガッツポーズ、喜ぶエバンス。

第3セット

予選を勝ち上がっているエバンスはシード選手に対してのびのびとチャレンジしている。
対する錦織はグランドスラム大会の1回戦、ウィンブルドン後は実戦での試合数も少なく固い。

第1ゲーム、エバンスのサーブ、15-30から、相手のセカンドサーブをコートの中に入って、回り込みフォアダウンザラインリターンエース。15-40とブレーク・チャンス!
ここからだ!錦織圭!

しかしジュースに。
ダブルフォルトで3つ目のブレーク・ポイント。
錦織のスマッシュを返されてフォアミス。
錦織にしては珍しい、スマッシュをクロスに打てば決まっていたのに。実戦から離れているので、少し弱気になったか?

2度目のジュース、フォアリターンエースで4つ目のブレーク・ポイント

ここでエバンスはサーブ&バックダウンザラインボレーからクロスボレーウィナー。
勇気があるし、うまい攻めのプレー!ここでよくぞ!やってきた!敵ながらあっぱれ!

4回のジュースの末にキープされてしまった。
ここを取っていたらな~あ!

対する錦織はここで集中力が切れてしまったのか?絶対あきらめない錦織なのに、珍しい。
続くサーブをなんと!ラブで落とす。(錦織0-2)

エバンスの第7ゲーム、錦織の片手バッククロスパスがいいところに飛んで、ボレー取れず。
30-40のチャンスが来た!

セカンドサービスを叩くが、フォアリターンアウト。
またいいところでサービスワイドエース。キープされる。(錦織2-5)

今日は最初からことごとく競っているゲームが取れない。

錦織の第8ゲーム、ナント0-40のマッチ・ポイント
最後はこの試合8つ目のダブルフォルト!

絶対に逆転できると思ったのに、1時間57分のまさかの大番狂わせ!が起こってしまった。

エバンスはこの勝利によりイギリスではマレーに続きNO.2の選手となった。
今年4月、デ杯イギルス対ロシアでは勝負のかかった第5試合で勝利、イギリスのワールドグループプレイ・オフ進出のヒローになっている。
こんな事もエバンスの自信になっているのだろう。エバンスのデ杯成績

大会データー:2013 USオープン
会場:Billie Jean King ナショナル テニスセンター、NY、アメリカ
128ドロー、ハード
予選 8/20 – 8/25, 2013
本戦 8/26 – 9/09, 2013
大会日程、男子決勝9日17時より
現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブ・スコア
ドロー
男子本戦ドロー
男子予選ドロー
女子本戦ドロー
女子予選ドロー

錦織 圭 ブログ
錦織 圭 データー 1989年12月29日生まれ 23歳

(テニスジャパン 森下 泰 & 塚越 亘 photo Hiroshi Sato/TennisJapan)