兵庫県立三木防災公園ブルボンビーンズドームにて開催されているATP(男子プロテニス協会)のチャレンジャーツアー大会、2015兵庫ノアチャレンジャー大会。8日、予選2回戦が行われ、予選第5シードの越智真(19歳、江崎グリコ)が予選決勝に進出を果たした。

越智は昨年ジュニア世界ランク最高39位、今季は軽井沢フューチャーズにてベスト4、フィリピンの1万5千ドル大会でフューチャーズ大会において、竹内研人との日本人対決を制し、6-2、6-1のストレートで初優勝を果たしている。

また全日本選手権ベスト8の福田創楽(18歳、プロジェクトALC)も予選決勝に進出を果たした。

福田創楽

全日本選手権初戦突破の田沼諒太(20歳、ワールド航空サービス)はファイナルセットの末に惜敗した。

国際ジュニア大会、フューチャーズ大会、チャレンジャー大会とステップアップしていく中で、チャレンジャー大会は、島津京都チャレンジャー、慶応チャレンジャー、ダンロップスリクソンチャレンジャーと国内で3大会が開催されており、今大会の開催により国内4大会目。

兵庫ノアチャレンジャー – 2015 Hyogo NOAH Challenger公式サイト

記事:長嶋秀和