★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
英国のロンドンで開催されてる芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)は大会5日目の25日、女子シングルスのボトムハーフ3回戦が行われ、第17シードのジュスティーヌ・エナン(28歳、ベルギー)は、第12シードのナディア・ペトロワ(28歳、ロシア)を 6-1 6-4 のストレートで、第8シードのキム・クライシュテルス(27歳、ベルギー)も第27シードのマリア・キリレンコ(23歳、ロシア)を 6-3 6-3 のストレートと、現役復帰組のベルギー勢は、共にロシアのシード勢を下して4回戦進出を決めた。


2009年8月に現役復帰を果し、いきなりUSオープンで優勝を果したクライシュテルス。後を追うかのように2010年1月に復帰を果し、全豪オープンで準優勝を果したエナン。エナン復帰の理由は、4大大会で唯一優勝していないウィンブルドン選手権を制し、生涯グランドスラムを達成するためとも言われている。
優勝候補のエナンとクライシュテルスは、4回戦で激突する。前半戦の大一番になりそう。過去の対戦成績は12対12のまったくの互角だが、今シーズンは2勝0敗でクライシュテルスがリードしている。好調な両者の対戦は、優勝を占う大一番になりそう。この対戦は、試合が行われないミドルサンデーを挟み、28日に行われる予定。
この日、その他の上位シード勢では、第2シードのビーナス・ウィリアムズ(30歳、米国)、第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(25歳、セルビア)が危なげなく4回戦に勝ち上がった。
また、日本勢では、森田あゆみ(20歳)/カイチェン・チャン(19歳、台湾)組がダブルス2回戦に登場、ユリア・ゲルゲス(21歳、ドイツ)/アグネシュ・サバイ(21歳、ハンガリー)組と対戦したが、2-6 5-7 で破れ3回戦進出はならなかった。これで、日本勢は全て姿を消した。
大会6日目となる26日は、トップハーフのシングルス3回戦が行われる。
ライブスコアはこちら(大会公式サイト)

グランドスラム:13,725,000ユーロ Wimbledon

女子シングルス
4回戦

【トップハーフ】
未決定
【ボトムハーフ】
キム・クライシュテルス(ベルギー)[8] vs ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)[17]
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[21] vs エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[4]
———-
ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア) vs マリオン・バルトリ(フランス)[11]
ジャミラ・グロス(オーストラリア) vs ビーナス・ウィリアムズ(米国)[2]

3回戦

【トップハーフ】
セリーナ・ウィリアムズ(米国)[1] vs ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)
バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ) vs マリア・シャラポワ(ロシア)[16]