IMG_0219.JPG

今回の日本滞在でこんなに桜に見とれるとは思わなかった。

34歳にしてようやく感じられるようになったのか。

桜というのは約1週間だけのものでありまず期限があるのでとても貴重でありまた、それにまつわるストーリー、メモリーをそれぞれの人が持っているので桜というものに対して特別な感慨があるのでしょう。

あれだけの自然のピンク色が一面に広がるのをみていると、

やさしい気持ちになりながらもなんだか自分の中で眠る日本人の

血が騒ぐというのだろうか「やってやんぜー」と心に誓う。

アメリカ人(他国の人)がワシントンで桜をみてもwow beautiful ! 

で終わってしまうのだろうな。「やってやんぜー」なんて思わないだろうな。。。


コメント

  1. bunbun さん : 2008.04.06

    やってやりましょう!

    返信

  2. tarojun さん : 2008.04.07

    桜は日本人の心を解き放す不思議な力があるようです。知らない人同士が木の下で自然と「きれいですね」っと会話をしてしまう・・・素敵な1週間をお過ごしください!

    返信

  3. 4184 さん : 2008.04.07

    サムライの血が騒ぎましたか・・
    「やってやんぜー」・・・なにを?
    いつも冒険心をもった金子コーチを応援してます。。

    返信

  4. 金子英樹 さん : 2008.04.08

    bunbunさん
    にいつも、してやられています。

    tarojunさん
    まさにその通りですね。とても気持ちが良かったです。

    4184さん
    ほどはチャレンジャーではないですがいつでも突っ走る気持ちで行きたいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ米沢徹オフィシャルブログ|テニスコーチ米沢徹オフィシャルブログ – JUST GO FOR IT –