組織と個の戦い。2016 NBAファイナルを観て

天才が「個」の才能を発揮し、そして「組織」を率いる、バスケットという団体スポーツ、とくにNBAはそのようなイメージでしたが、ここ最近のNBAを観るとバスケットも「個」が率いるというよりかは「組織全体」のプレーが上回ってきたように感じます。

NBAファイナルから見る日本サッカー~ウォリアーズの「組織」とレブロンの「個」 | サッカーキング・オピニオン

NBAにプレーしている選手自体、宇宙人なんですけどね。ジョーダン、レブロンなどスーパー宇宙人に対抗するそんな感じでしょうか。

そうそういえばウォリアーズのカー監督はジョーダン全盛の時にブルズで一緒にプレーしているのを観た覚えがありますよね。フィル・ジャクソンやスパーズのポポビッチの指導も受けてきたというカー監督はそのNBA史上最高の天才と称されるジョーダンをみながら、それに対応する「組織力」やその「仕組み」を虎視眈々と考えてたのかもしれませんね。

スティーブ・カーHC「第7戦のプレッシャーを感じられるのは幸せなこと」 | NBA Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ|テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ – MASUKEN WORLD –