全日本ジュニア 2回戦

今日は、全日本ジュニア2回戦があり、残念ながら手嶋は第8シードを守りきれずに小柴くんに3-64-6で敗退!

1回戦とは、別人のようなプレーでなにがあったのかと思いきや、対戦相手の小柴くんは、12歳以下、14歳以下のときの全日本チャンピオンらしく、手嶋がそれを意識し過ぎてビビってしまっただけでした!

まだまだ、自分に自信がない分、名前負けしてしまったのでしょうね!

ただ、敗退はそれ以外にもあり試合後じっくり本人と見学している息子大樹にも話しましたが、

今日のような大舞台で緊張感のある大切なポイントで、今日は、トコトン裏目に出るプレーが多く、すべてと言って良いぐらいの確率で相手を助けてしまいました。

それは、今日だけのことではなく練習中の姿勢や態度、意識の部分が今日の試合とかけ離れている為、準備が出来ていなかった部分がそのまま結果に出てしまいました。

コーチサイドのイメージは、常に試合の大事な部分を基準にしている為、ときには、高いハードルを用意しますが、

選手側のイメージは、かなり簡単に考えている為、そこにミスマッチが生じて意見の食い違いが発生して行くことになり、無理やりやらされている気持ちになってしまったり、理不尽な事をやらされていると思ってしまいがちです!

海陽には、今年3月から山梨で一緒に練習をはじめてから、ずっとモチベーションの話しを繰り返ししてきましたが、中々本人には伝わらずに今日まで来てしまいましたが、

今日の試合の後に話しをして、その後の練習内容から、少なくとも今までよりは伝わった感があり、久々に気分良く練習を終えることが出来ました!

今まで、自分に負け続けて来てしまい、それさえにも気付いていなかった為、
こちらが切れるか、厳しく接したときだけ真剣で、別の日は、フワフワしている状態だったので、結果を出すことは難しいでしょう!

16歳の少年が理解するのは、難しいのですが、テニスで飯を喰って行く、世界を目指す以上、これは、絶対条件だと思います!

気持ちのレベルが上がれば、テニスのレベルも必ず上がるはず!

もっと、大きく言えば人生そのものが変わって行くはず!
ガッツと言う武器を手に入れてさえしまえば、なんだって出来てしまうから!

テニススキルには、私自身本当にたくさん失敗を繰り返して来たので、絶対の自信があります。これからも色々と勉強し吸収して行くつもりです。

このスキルを完全燃焼できるだけのモチベーションを持つ選手と一緒にコート立ち練習して行けたら最高なんだけどなー!育てるしかありませんね!

だから、今日は試合に負けてくやしいかったけど、海陽も大樹も最高でした。笑

明日も最高目指して頑張ります!

どうか、今日が人生のターニングポイントになりますよーに!

PS:18歳以下女子ダブルス 清水 1回戦突破! イェーイ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー関口周一オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー関口周一オフィシャルブログ – Moon Light Power –