7日、インドのプネで開催されている、WTAチャレンジャー・シリーズ、ロイヤル・インド大会のダブルス1回戦でクルム伊達公子(42歳)/奈良くるみ(20歳)組は、ワイルドカードで出場のBHARGAVA, Anushka(17歳、インド)/SHAPATAVA, Sofia(23歳、グルジア)組と対戦し、6-2、6-1のスコアで2回戦進出を決めた。

クルム伊達と奈良がダブルスを組むのは、2008年のカンガルーカップで優勝して以来2回目のこと。

試合は、第1セットをクルム伊達/奈良ペアが6-2で簡単に奪うと、第2セットも相手を圧倒しクルム伊達/奈良ペアが、ブレークチャンスで確実にポイントを奪い、6-1のスコアで1回戦を突破した。

ロイヤル・インド・オープン

ダブルス
1回戦

クルム伊達公子奈良くるみ 6-2 6-1 ●BHARGAVA, Anushka(インド)/SHAPATAVA, Sofia(グルジア)

[adrotate banner=”12″]