クルム伊達公子(テニス)

10日、インドのプネで開催されている、WTAチャレンジャー・シリーズのインド大会で、シングルスの準決勝が行われた。世界ランキング146位で第5シードのクルム伊達公子(42歳)は、同154位で第8シードのタマリネ・タナスガーン(35歳、タイ)と対戦し、6-4、5-7、6-4のフルセットの激戦を制し決勝進出を決めた。試合時間は2時間37分に及んだ。

クルム伊達は昨年のダンロップワールドチャレンジツアートーナメントの決勝でタナスガンに敗退しており、今回見事リベンジを果たす結果となった。

決勝でクルム伊達は、第6シードで同143位のPETKOVIC, Andrea(25歳、ドイツ)と 第7シードで同156位のSVITOLINA, Elina(18歳、ウクライナ)の勝者と対戦する。

ロイヤル・インド・オープン

シングルス
準決勝
クルム伊達公子 [5] 6-4 5-7 6-4 ●タマリネ・タナスガーン(タイ)[8]

準々決勝
クルム伊達公子 [5] 6-1 6-4 ●土居美咲 [2]

2回戦

クルム伊達公子[5] 6-4 4-6 6-2 ●Yi-Miao Zhou(中国)
土居美咲[2] 6-0 6-1 ●Noppawan Lertheewakarn(タイ)

1回戦

クルム伊達公子[5] 6-0 6-3 ●Rishika Sunkara(インド)
土居美咲[2] 6-0 6-2 ●Prema Bhambri(インド)
○Olga Savchuk(ウクライナ) 6-2 6-2 ●奈良くるみ

ダブルス
準々決勝

○Eva Birnerova(チェコ)/Andreja Klepac(スロベニア)[1] 7-6(6) 6-4 ●クルム伊達公子奈良くるみ

1回戦

クルム伊達公子奈良くるみ 6-2 6-1 ●Anushka Bhargava(インド)/Sofia Shapatava(グルジア)

[ ]内の数字はシード順位

[adrotate banner=”12″]
[adrotate banner=”20″]