10月22日 2018年度WTAツアー最終戦 BNP パリバ WTAファイナルズ 大会2日目。

大坂なおみ(日清食品)の初戦が行われ、今年の全米チャンピオンの大坂は昨年の全米チャンピオン、アメリカのS・スティーブンス(25歳)と対戦、2時間24分の激戦の末に5-7、6-4、1-6で惜敗した。

ラウンドロビン(総当たり方式)では例え1敗しても終わった訳ではない。
「この方式は負けたら終わりのノックアウト制の普通の大会と違い、負けてもカムバックできる。
最後までわからない」と多くの選手、コーチが口をそろえて言う。
2003年以降この方式になり、WTAチャンピオンは14人を数えるが、昨年優勝のウォズニアッキはじめ8人はラウンドロビンの成績は2勝1敗だった。
2015年のA・ラドワンスカ、2016年のD・チブルコバはなんと、1勝2敗から優勝している。

次戦対ケルバー
勝てば望みが

大坂の次戦は24日(水)、日本時間20時30分から2016年の全米チャンピオンのA・ケルバー(ドイツ)と対戦する。
この戦いで大坂がケルバーに勝ち、スティーブンスがベルテンスを破ると、金曜日の大坂vsベルテンスの一戦の勝者が準決勝に進むことになる。

WTAファイナルズDAZNが生放送。

大坂なおみ 試合詳細

大坂なおみケルバー戦に賭ける

第1セット

大坂のサーブから始まる。
いきなり第1ゲームをブレークされる立ち上がり。
だが、すぐに1-1とブレーク・バック。

第7ゲームをブレークされ3-4でオンコートコーチングを要求、サーシャ・コーチから
「相手のセカンドサービスの時にもっと攻めていこう。
バックハンドの姿勢が良くないから、もっと前にいくように打て。
次の試合もあるからそんなに焦らなくてもいいよ!」などのアドバイスを受ける。

すると第8ゲームは相手のサーブのミスもあり、ブレーク・バック4-4とする。

第9ゲームもピンチ!そこをサービス・エースで切り抜け5-4とキープ。

しかし第11ゲームのサービスキープに失敗 5-6。

スティーブンスのサーブで40-0とセットポイントを掴まれるが、大坂はリターン・エースなどで40-30と粘る。

12回続いてラリー、大坂のフォアはネット、スティーブンスが7-5で第1セットを取る。

第2セット

10回?ほど続いたのデュースを大坂キープ、5-2とする。

5-3、大坂のサービング・フォ・ザ・セットだが、30-40とピンチ。
攻め続け、最後はドライブ・ボレーをするがワイド、サーブを落とした。

スティーブンスのサーブ、30-40のセットポイント、なんとダブルフォルト。
大坂が6-4で第2セットを奪い返す。

ファイナル・セット

ここで再びオンコートコーチング。
「本当によく持ち直している。誇りに思うよ。
力任せに打たなくていい。ドライブ・ボレーなどは迷いなく打てばいい。自分を信じてやるんだ」とサーシャ・コーチは優しくアドバイス。
笑顔で答える大坂、良いムードでファイナル・セットは進むかと思われたが。

大坂はいきなりサーブを落とす。

続くゲームで0-40のブレーク・バックのチャンスとなるが、スティーブンスはそこから5連続ポイントでブレーク・バックを許さない。

ゲームの流れをつかめないまま第5、第7ゲームでもブレークされて残念ながら敗れた。

「ケルバーとはもう数億回も対戦している気がする。
彼女はグランドスラム大会王者。難しい試合になるが頑張りたい」と。

$7,000,000 WTA Finals
試合方式は、8人の選手を4人ずつ2組に分け、各組で総当たり戦。
各組の上位2人が準決勝に進出、トーナメント方式で優勝を争う。

Red Group
A・ケルバー(GER) 0勝1敗
大坂なおみ 0勝1敗
S・スティーブンス(USA) 1勝0敗
K・ベルテンス(NED) 1勝0敗

White Group
C・ウォズニアッキ(DEN) 0勝1敗
K・プリスコバ(CZE) 1勝0敗
E・スビトリナ(UKR) 1勝0敗
P・クビトバ(CZE) 0勝1敗
詳しいドロー
1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は椎間板ヘルニア悪化のため欠場。
WTA Finals レースランキング
WTAランキング

大坂なおみスティーブンス 2時間半の激戦を戦った
賞金総額:$7,000,000 WTAファイナルズ
会場:Singapore Indoor Stadium
期間:10/21 – 10/28, 2018

優勝賞金:$2,360,000(約2.7億円)
準優勝:$1,200,000(約1.4億円)
ベスト4:$650,000(約7300万円)

ラウンドロビン成績&賞金
3勝0敗 $610,000(約7000万円)
2勝1敗 $457,000(約5300万円)
1勝2敗 $304,000(約3500万円)
0勝3敗 $151,000(約1700万円)
(1勝につき$153,000(約1700万円づづ増す)
詳しい賞金ブレークダウン&ポイント

大坂、日本女子としては2003年杉山愛以来、15年ぶり史上3人目の出場。
最高成績は、1994年伊達公子ベスト4。

記事塚越亘/塚越景子 photo by WTAファイナルズ