5月30日(木)、パリ、フレンチオープン。錦織圭は2回戦でスロバキアのゼムリャ、(50位)を 6-1,5-7,6-1,6-4 で破り3回戦に進出した。日本男子でフレンチオープン3回戦へ進出したのは1974年の坂井利郎以来39年ぶりの事だ。
錦織、第1セットは6-1、第2セットも4-1とリード。だがなんとそこからそのセットを落とす。「4-1からは(ほっとしてしまったのか?)自分のプレーも落ち、相手のミスもなくなった。どのようにプレーすべきかパニックになった。」と言う錦織。そこで雨が。(約2時間の恵みの雨の中断もあり、)「気持ちを切り替えて攻める気持ちでプレーできた。」と錦織。第3セットを取り、第4セットも5-2とリードする。しかしクレーでの試合はそう簡単には終わらない。錦織は5-3、サービィング・フォア・ザ・マッチのサーブを落とす。相手のサーブで40-0、第2セット、4-1から逆転されたゲームを思い起こさせるような嫌な展開になりそうだった。が、そこをリターン・エースを連発 6-1,5-7,6-1,6-4 で勝利した。二人がコートに登場したのが11時、2度の雨の中断を含み終わったのは17時10分。6時間の長い時間をかけて錦織は2回戦を戦い抜き、32強となった。その詳細をお届けしよう。

<男子2回戦>
○13)錦織圭 6-1 5-7 6-1 6-4 ●G.ZEMLJA(SLO)

今日もあまり天気が良くない。
昨夜から雨が降っていた。そのまま、それが朝まで降って結構外の土は柔らかくなっている。
朝8時ぐらいには上がっていて、そのまま曇り空。
11時、コート2の第1試合に登場。ここは錦織がフレンチオープンジュニアダブルスで優勝を決めたコートだ!
降ってはいないがいつ降ってもおかしくない天気の中で錦織の2回戦は始まった。

対戦相手は50位、26歳、183cm、ゼムリャ。
錦織のサーブで始まる。いきなりダブルフォルトスタートで心配したが。
サービスワイドから回り込みフォアダウンザラインウィナーなどでキープする。

ゼムリャの第4ゲーム、
錦織はセカンドサービスを回り込んでフォアダウンザラインへリターン・エース。
ガッツポーズで3-1早くもブレーク。

ゼムリャの第6ゲーム、
またもやセカンドを叩いてフォアダウンザラインへリターン・エース。
5-1と快調にブレーク。

最後はフォアクロスリターンアウト。

わずか22分で6-1先取。簡単にセットを取る。

ゼムリャは何をしたらいいか?わからない状態。
錦織と対戦する選手は、(フェデラーたちトッププレイヤーと違って)自分の持っている技術が少ないので、どうしたらいいか?迷う。
ということは錦織がさらに進化して強くなっている証拠とも言える!

第2セット、ゼムリャの第1ゲーム。ナント連続ダブルフォルト。どうした?
錦織は下がりながらのバックダウンザラインへドロップウィナー。
お~!すげ~!このタッチショットは天下一品だあ~!
ラブゲームでブレーク。

第5ゲーム、フォアクロスリターンエースで4-1ブレーク。
もうここまで来たら楽勝ムード 楽なスコアと時間で終わると思ったが。

錦織の第6ゲーム、
少し油断したのか?錦織のストロークミスが続く。
サーブを落とし、4-2。いらないゲームを与えた。嫌な予感が走る。

4-3で錦織の第8ゲーム、
ゼムリャは緩いボールやムーンボールを錦織のバックサイドに集める。
これを錦織は焦ってミス。最後もフォアクロスをガシャミス。4-4で落とす。これはやばいぞ!

ゼムリャの集中力が上がってきたぞ!たいしたことないと思っていたのに。

ゼムリャの第9ゲーム、
30-40のブレークチャンス。
錦織のフォアアウト。明らかに手打ちになっている。ストロークミスが出ている。
3回のジュース、ゼムリャは連続サービスワイドエースでキープ。調子が上がっている証拠。

5-6、錦織の第12ゲーム、
ゼムリャは相変わらずうまくムーンボールの速いのを打つ。
それに錦織がはまってしまう。フォア逆クロスをネットミス。
ゼムリャのバックアングルパスウィナー。1つ目のセットポイント。

これは逃れるが、2つ目のセットポイント、
最後は錦織のフォアクロスをガシャミス。

何してんの~!もったいない~!

5-7でこのセットを落としてしまう。
やはり少し油断してしまったか?

ここで雨のため、中断。(12時半)
この雨は恵みの雨となるはずだ!流れがすごく悪いので。

14時10分に第3セットは始まる。

ゼムリャの第1ゲーム、
錦織はフォア逆クロスムーンボールを使ってから、同じコースにハードヒットウィナー。
このパターンなら負けることはない。
また、バクダウンザラインへ足元パスからフォアクロスパスウィナー。
追い込まれてもここに打てるのがすごい!ディフェンス能力が抜群だ!ブレークに成功!

錦織の第2ゲーム、
ゼムリャのフォアハードヒットをライジングでバッククロス。
しかも、前に詰めている相手の攻撃を無以下にしてしまうすごさ!2-0キープ。

ゼムリャの第3ゲーム、
バック逆クロスリターンエース。今日はこれが出ていなかったあ~!(3-0とブレーク)
1セット目よりいい。

相手もしっかりラリーしている中で錦織がストロークで追い込むプレー。
この方が気持ちやプレーに油断が出てこないはず。

錦織の第4ゲーム、ポツポツと雨が降ってきた。15-40のピンチ。
錦織は慌てず落ち着いて、フォアダウンザラインから逆クロスへドロップショットウィナー。その前の速くて深くて強いボールがあるので、このドロップが読めないのだ。
野球で言うストレートがめっぽう速いので、フォークが決まるということ!この4-0キープは大きい。

ここで雨が降ってきて、また中断。(14時35分ぐらいかな?)
16時スタート。その前はかなり雨が降っていたが、少し晴れ間ものぞく。

ゼムリャの第5ゲーム、0-15からスタート。
2回のジュース。セカンドサービスのリターンがいい。5-0ブレーク。

錦織の第6ゲーム、錦織の連続バックダウンザラインウィナーで40-0のセットポイント。
もちろんこれで終わりかと思ったが。
ダブルフォルトを含む5ポイント連続で失う。(錦織5-1)

ゼムリャの第7ゲーム、5つ目のセットポイント。
やっとゼムリャのバッククロスがネット。

6-1で錦織!ここまで試合時間は1時間43分。

第4セット

錦織の第1ゲーム、
ゼムリャのフォア逆クロスパスウィナーで最初のサーブをブレークされる。まずい!

ゼムリャのバックダウンザラインウィナー、調子に乗ってきたぞ!しっかり止めないといけない。

1-2でゼムリャの第4ゲーム、
錦織のランニングフォアアングルパスウィナー。
出た~!スーパーショットだ~ぁ!これで2つ目にブレークポイント。
しかし、これも取れず。

3つ目のブレークポイント、
196キロのサービスセンターエース。
5回のジュース
ナント6つ目のブレークポイント。
やっとゼムリャのフォアクロスがアウト。

大きな声を出す錦織!やっと2-2のブレークバック。
相手の調子が上がっているのでしっかり押さえたいところ!

錦織の第5ゲーム、
サービスワイドエース。
169キロだが、本当のオンラインだ!ナイスコース!3-2キープ。

ゼムリャの第6ゲーム40-15からジュース、ここで結構な雨が降ってきている。いつ止められてもおかしくない状況だ。
ここも長い3回のジュース。
ダブルフォルトで3つ目のブレークポイント。
ここでゼムリャのフォアクロスアウト。
4-2ブレーク。これは大きいぞ!

錦織の第7ゲーム、
30-30、10数回のラりー戦後、錦織はフォア逆クロスアングルウィナー。
雨でコートは湿り、ボールも重いコートの中、良く打つよ!

そして、バックのドロップ・ショットから錦織は緩くラケットのスイングを途中で止めて、バックダウンザラインパスウィナー。すごい!この技術!5-2キープ。

雨が降り出し、スタンドは傘が開きだす。それでもゲームは続行。強行?

5-3、錦織のサービィング・フォア・ザ・マッチ、
ラケットをかえる。ボールも湿気の少ない、一番飛びそうなものを選ぶが、15-40
なんとダブルフォルトで落とす。5-4、やばいよ!

ゼムリャの第10ゲームは40-0となる。タイブレークにまで縺れるのか?第2セットの逆転負けもあるし。
そこから踏ん張る錦織、40-15からはフォアそしてバックのリターン・エースを決めジュース。

ラリー戦に勝ち最初のマッチ・ポイント!
バックのダウン・ザ・ラインは惜しくもロング。しかし攻めている錦織だ。

2回のジュース、
錦織は少し滑ったが、立て直してフォアダウンザラインウィナーを決め、2つ目のマッチ・ポイント。

最後はかっこよくジャンピングスマッシュエース。

6-4で勝利!2時間31分。

11時に始まって、17時10分終了!長い一日だった・・・。3回戦へ進出!

最後もキープされたらもっともっともつれていたかもしれない試合だった。

「長い一日。雨の中断などもあり待ったり、やったりで、集中力を保つのが大変難しかった。
6-1、4-1からは自分のプレーも落ち、相手のミスもなくなり、どのようにプレーすべきかパニックになりセカンドセットを落とした。
そこで雨の中断もあり、気持ちを切り替えて攻める気持ちでプレーできた。」
しっかりと勝ち切った錦織圭だ。

3回戦は第24シード、フランスのペールとパリ時間6月1日(土)に対戦する。
ペールは26位、24歳、196cmの長身。2回戦でポ-ランドの Kubot を 7-6(2),6-2,6-4 で破り3回戦へ。
イタリアン・オープンではモナコ、デルポトロなど破り4強(フェデラーに敗れる)になっている。調子の上がっているプレイヤーだ。

錦織のインタビュー
「2回戦というより今日一日を勝てたのは嬉しかった。
長い一日で天候だけではなく、試合も挽回されて、アップダウンがあった。
中断で集中力を取り戻して、作戦を立て直して勝てた。
久しぶりというか初めてぐらいかもしれない。」

「第2セット、4-1から自分のアンフォーストエラーが出て、相手が繋ぎに来て、挽回されてしまった。
相手の繋ぎの作戦に少しパニックになってしまった。
何をしていいのか?わからなくなった。」

「最初の中断ではシャワーを浴びて、面倒だがテーピングをはがしてまた替えた。
ウォームアップを3回やって、疲れる一日でした。
脇腹を痛めてからは4ヶ月ぐらいしかたっていなが、プレー中はそんなに体のことは気にならなかった。フィジカルは大丈夫。」

「雨のため、最後の3ゲームぐらいはボールが重くてなかなか打てなくなった。」

「3回戦の相手は速い展開が好き。
ペールは地元だし、ローマで4強になっていて調子も良い。
相手もより強くなるので、より集中してギアを上げられるようにしたい。」

「パリは馴染みやすく落ち着いている。
日本食も多く、ユニクロにも行った。
そこで変なアンケートを書かされそうになって、後で聞いたら詐欺やスリの手口の一つだから、気をつけた方がいいよ。と言われた。危なかった。」

錦織 圭 ブログ
錦織 圭 データー 1989年12月29日生まれ 23歳

オーダー・オブ・プレー
ライブスコア
パリ現地時刻(時差は-7時間)

大会データー:2013フレンチオープン
男子:€10,104,000 Grand Slam Roland Garros
女子:$12,957,474 Grand Slam Roland Garros
会場:ローランギャロ、パリ
本戦:5/26 – 6/09,2013
予選:5/21 – 5/24,2013
大会スケデュール

<男子3回戦>
13)錦織圭 vs 24)B.PAIRE(FRA)

<2回戦>
○13)錦織圭 61 57 61 64 ●G.ZEMLJA(SLO)

<1回戦>
○13)錦織圭 63 62 60 ●J.LEVINE(CAN)
J.SOUSA(POR) 61 63 62 ●添田豪
男子ドロー
男子予選ドロー

<女子1回戦>
○9)S.STOSUR(AUS) 60 62 ●クルム伊達公子
Y.PUTINTSEVA(KAZ) 62 63 ●森田あゆみ
M.KEYS(USA) 63 62 ●土居美咲
女子ドロー
女子予選ドロー
女子ダブルス

クルム伊達公子 ブログ
クルム伊達公子 データー 1970年(昭45年)9月28日生まれ、42歳
森田あゆみ ブログ
森田あゆみ データ 1990年3月11日生まれ 23歳
土居美咲ブログ
土居美咲 WTAデーター 1991年4月29日生れ 22歳

(レポート 森下 泰 記事 テニスジャパン 塚越 亘 photo Hiroshi Sato/TennisJapan)