パリのローランギャロスで開催されている全仏オープン(レッドクレー)。27日、男子シングルス3回戦で、世界ランク6位、第5シードの錦織圭(26歳、日清食品)はフェルナンド・ベルダスコ(32歳、スペイン)と対戦しフルセットの末に競り勝ち2年連続のベスト16進出を果たした。

6-3、6-4の2セット連取後に元世界ランク7位でクレーコートで強さを発揮するベルダスコに2セットを奪われる展開。ファイナルセット第5ゲームをブレークし接戦に勝利した。4回戦は世界ランク12位で第9シードのリシャール・ガスケ(29歳、フランス)と対戦。

錦織は「最初2セット取って、その後は彼のペースでファイナルまでいってたので、ブレークして調子が戻り、最後は粘り勝てて良かったです」とコメント。

また女子シングルスでは、世界ランキング101位の大坂なおみ(18歳)は、2014年の全仏オープンで準優勝を飾った第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦し6-4、2-6、3-6で惜敗し4回戦進出はならなかった。

記事:長嶋秀和

https://www.youtube.com/watch?v=zQSjeABK40A