4月18日、モナコで行われているロレックス・モンテカルロ・マスターズ(ATP1000)。

2回戦が行われ、錦織圭(日清食品)がD・メドベーデフ(ロシア)を7-5、6-2のストレートで破りベスト16入りを決めた。

22歳、身長198センチのメドベーデフの若さと勢いある攻撃に苦しみ1-3となるが、相手のプレーに慣れてくると錦織らしさを発揮。ストレートで勝利した。
「第1セットは危なかったがしっかりと粘れた。一試合目よりも攻めるプレーができた」と錦織。

3回戦ではイタリアのA・セッピと対戦する。
その試合は19日(木)、11時開始の第4試合になった。日本時間では同日の23時は過ぎてしまい、真夜中になるだろう。
これからは決勝まで毎日試合がある厳しい日程が続くことになる。

2回戦 錦織vsメドベーデフ

<<第1セット>>

22歳、49位のD・メドベーデフとは初対戦。

第2ゲームでブレーク・ポイントを握られたものの、長いラリーを制してピンチを脱出。
しかし第4ゲーム、二つのダブルフォルトもあり、ブレークされ1-3。
22歳の若さと勢いに圧倒されているようだ。

第5ゲーム、30-40とブレーク・バックのチャンスを掴む。
セカンド・サーブをフォアに回り込み、メドベーデフのバックをつき、ブレーク・バックに成功。

しかし、続くゲームでフォアのクロスリターン・エースを決められ、30-40とブレーク・ポイントを握られるピンチに。
デュース後、絶妙なタイミングでフォア・山なりドロップ・ショットを決め3-3とキープした。

「あそこで粘ってプレーできたのが大きかった」と錦織。

5-5、メドベーデフのサーブ、フォアで逆をつき、30-40とブレーク・チャンス。錦織のショットはオンラインで、ブレークし6-5とする。

ピンポイントで攻め、30-0。
セットポイントはドロップ・ショットをダッシュで拾い、メドベーデフのパスのミスを誘った。7-5で第1セットを先取り。

<<第2セット>>

「フラットのボールが多かったので、なるべくフラット同士にならないよう(スピンを使って相手のペースにならないよう)に気を付けてプレーした」と錦織。

サーブも良くなり、ネットへの出方も良くなる。そして効果的にドロップ・ショットを決める。
競り合うが錦織は混戦を優位に展開し、最初のサーブをブレークする。

メドベーデフの忍耐力あるプレーも段々と切れてくる。あらゆるショットに対応する錦織、クレーでのうまさを発揮した。

第3ゲームは5回、第5ゲームは4回、長いデュースの末にやっとサービスゲームをキープするメドベーデフ。

第7ゲームでメドベーデフは力尽き、ダブルフォルト。錦織が5-2とブレーク。

そしてサービング・フォ・ザ・マッチ。錦織はTへサービス・エースを決め40-15とマッチポイント。
デュースに持ち込まれるも3度目のマッチポイントでフォアのクロスをオープンに決めて勝利した。

>ナダル、ジョコビッチら共に錦織圭ベスト16 ドロー<

ガオラ放送予定
NHK放送予定

クレーコートでのうまさを発揮する錦織圭

記事:塚越亘/塚越景子 写真:H.Sato/TennisJapan