2月2日、タイ/ノンタブリで女子国別対抗戦のフェドカップ、アジア・オセアニアゾーン・グループⅠのラウンドロビンが始まる。2010年は、クルム伊達公子(40歳)をエースに1位通過、ワールドグループ復帰を懸けてスロベニアと入替戦で対戦したが、1-4で敗れた。今年は、クルム伊達が世界ツアー戦を優先させるため欠場、若手中心のチームで2009年以来となるワールドグループへの復帰を狙う。


日の丸を背負うメンバーは、世界ランク58位の森田あゆみ(20歳)をエースに、全豪オープン本戦出場を果した同109位の波形純理(28歳)、同127位の土居美咲(19歳)、同285位の藤原里華(29歳)の4選手。奈良くるみ(19歳)はインフルエンザのためメンバーを外れている。
アジア・オセアニアゾーン・グループⅠには日本の他、カザフスタン、台湾、韓国、韓国、ウズベキスタン、タイ、中国、インドが入っており、この8国を2つのグループに分け、総当り戦(ラウンドロビン)を実施、グループ1位同士の対戦で勝った国が、4月16日から開催されるワールドグループⅡとの入れ替え戦に進むことができる。
世界国別ランキング20位の日本はBグループに入った(下表参照)。初戦は、カザフスタンと本日2日に対戦する。試合はシングルス2つ、ダブルス1つの計3試合で行われる。
カザフスタンは、世界ランク39位のヤロスロワ・シュウェドワ(23歳)が欠場、同ランク139位のKARATANTCHEVA, Sesil(21歳)、154位のDIYAS, Zarina(17歳)が中心メンバーとなる。KARATANTCHEVAは先の全豪オープン予選で土居を下しており、ランキング的には日本有利となるが決して侮れない。昨年優勝を争った台湾は主力選手が欠場しているため、Bグループ突破には初戦のカザフスタン戦がポイントになりそうだ。
Aグループでは、国別ランキング16位の中国が、全豪オープンで準優勝した世界ランク7位の李娜 (リー・ナ)を擁しており、勝ち上がってくる可能性が高い。
◆関連ニュース(2010年)
日本、1勝4敗で敗れる 対スロベニア フェドカップ入替戦
フェドカップ 日本が台湾下し、ワールドグループⅡとの入れ替え戦へ

グループA ラウンドロビン
ウズベキスタン タイ 中国 インド 勝敗 順位
ウズベキスタン(33) 2日        
タイ(35) 2日        
中国(16)     2日    
インド(45)     2日    
グループB ラウンドロビン
日本 カザフスタン 台湾 韓国 勝敗 順位
日本(20) 2日        
カザフスタン(34) 2日        
台湾(24)     2日    
韓国(37)     2日    

※カッコ()内数字は、国ランキング