★女子世界ツアー・WTA Premier 5大会
■$2,050,000 Dubai Duty Free Tennis Championships – Dubai, UAE(Hard)
16日、アラブ首長国連邦のドバイで行われているバークレイズ・ドバイ・テニス選手権(WTA Premier5、ハード)のシングルス2回戦が行われ、予選を勝ち上がって本戦に出場している世界ランク57位の森田あゆみ (20歳)が、インドの美人プレーヤー、サニア・ミルザ(24歳、インド)と対戦、6-4 6-2のストレートで快勝し3回戦に進出した。3回戦では第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(20歳、デンマーク)と対戦する。


1回戦で、第13シードのペトラ・クビトバ(20歳、チェコ)との同期対決をストレートで勝利し2回戦に進出した森田。この日は、元世界ランク27位のミルザ相手に、第1セットを1ブレークアップの6-4で先制すると、第2セットは、ミルザに1つのブレークチャンスすら与えることなく逆に2つのブレークを奪い6-2で圧勝した。森田はセカンドサーブ時に81%の高い確率で得点に結びつけ、完全にラリー戦を支配した。試合時間は1時間15分だった。
この勝利で森田は、翌週に発表される世界ランキングでは、クルム伊達公子(40歳)を抜いて、日本人トップに立つ可能性が出てきた。
そして3回戦では、前週まで世界ランク1位に君臨したウォズニアッキと対戦する(現在は2位)。クビトバに続き、世代を牽引する若手との対決になった。過去の対戦では、2戦2敗でスコア的にも一蹴されているが、全豪オープンに続きWTA Premier5という上位グレードの大会で3回戦進出を決めた森田。左右両手打ちから繰り出される強打が世界のトップ選手にどこまで通用するか、注目の対戦となった。
注目の試合は、現地17日センターコートの第4試合で行われる。(試合開始は、日本時間18日午前0時以降)
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

WTA Premier 5:$2,050,000 Dubai Duty Free Tennis Championships

女子シングルス(日本選手を抜粋)
3回戦

森田あゆみ(Q) vs キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1]

2回戦

森田あゆみ(Q) 6-4 6-2 ●サニア・ミルザ(インド)

1回戦

マリオン・バルトリ(フランス)[10] 7-6(8) 6-4 ●クルム伊達公子
森田あゆみ(Q) 7-6(2) 7-6(3) ●ペトラ・クビトバ(チェコ)[13]

女子シングルス予選
予選決勝

森田あゆみ[3] 7-5 6-1 ●MANASIEVA, Vesna(ロシア)[12]

予選1回戦

森田あゆみ[3] 6-2 6-4 ●LEFEVRE, Sophie(フランス)(WC)
○タチヤナ・マレク(ドイツ) 7-6(5) 2-6 6-3 ●奈良くるみ[16]
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、Q:予選通過者、Ret.:途中棄権