★男子世界ツアー・ATP500大会
■1,995,000ユーロ Barcelona Open Banc Sabadell – Barcelona, Spain(Clay)
19日、スペインのバルセロナで行われているバルセロナ・オープン・バンコサバデルATP500、屋外クレー)のシングルス1回戦が行われ、世界ランク48位の錦織圭(21歳)は、同76位のペレ・リバ(23歳、スペイン)と対戦、第1セットを6-2と先取したところで、リバが棄権を申し出たため勝利を手にした。


前々週のUS男子クレーコート選手権で準優勝し波に乗る錦織、クレー(土)コート第2戦の初戦は意外な結末となった。
第1セット、錦織が立ち上がりから2つのブレークを含み3ゲームを連取した。第4ゲームにブレークバックを許すものの、再び第5ゲームでブレークを奪い4-1とリードを広げると、そのまま6-2で第1セットを先制した。
リバは、前週の大会の2回戦でも途中棄権しており、その時に痛めた怪我の影響からか、この試合でも、第1セットを失ったところで棄権した。
試合時間36分と、体力を温存する形で初戦を突破した錦織。2回戦では第5シードで世界ランク7位のトマーシュ・ベルディハ(25歳、チェコ)と対戦する。両者は、2009年1月に開幕戦となるオーストラリアのブリスベン国際(ハードコート)で一度だけ対戦があり、その時は錦織が7-6(9-7) 6-3のストレートで勝利している。当時のベルディハの世界ランクは20位、その後、2010年には全仏オープンでベスト4、ウィンブルドン選手権では準優勝しており、大きく順位を上げてきている。両者、2年振りに実力を上げての再戦となった。
ベルディハは身長196cmのビックサーバー、球足の速いコートを得意としている。球足の遅いクレーコートで、好調の錦織がどこまでベルディハを苦しめることができるか、注目の2回戦は20日に行われる。(日本との時差-7時間)
なお、今大会の第1シードは世界ランク1位のラファエル・ナダル(24歳、スペイン)、第2シードは同4位のアンディ・マリー(23歳、英国)となっており、シード勢は2回戦から登場する。
錦織は今大会、活躍次第では、松岡修造が1992年に記録した世界ランク46位を超える可能性もあり、記録達成にも注目が集まる。
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

ATP500:1,995,000ユーロ Barcelona Open Banc Sabadell

男子シングルス
2回戦

錦織圭 vs トマーシュ・ベルディハ(チェコ)[5]

1回戦

錦織圭 6-2 Ret. ●ペレ・リバ(スペイン)
※カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者、WC:主催者推薦出場、Ret.:途中棄権