プロの動画から学ぶ、バックハンドのポイントパターン


前回の投稿で、バックハンドの重要性について書きましたが、今回はそのバックハンドを利用したポイントのパターンを、2人の選手から探してみました。
錦織選手、マレー選手ともに、バックハンドが非常に安定していて、展開力に長けている、参考にして頂きたい選手です。
このような堅実なバックハンドがあるからこそ、フォアハンドが更に活かされているのが動画から見て取れることでしょう。
バックハンドからのポイントのパターンは、(動画1:01, 2:04, 3:04, 3:34, 6:57, 7:30)になります。マレー選手の球種や、ペース、コースを変化させる戦術、そして錦織選手の深さと角度を変えて相手を外に追い出し、次の回り込みフォアハンドを打つ為の戦術は是非参考にして欲しいパターンです。
他にも、サーブそして、サーブからの3本目攻撃、相手のセカンドサーブに対してのリターンの戦術が盛りだくさんのこの動画。
ぜひ皆さんで探してみて下さい。
春休みタイローカルトーナメント遠征要項

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ – 夢叶うまで挑戦 –