常識に捉われないこと


この様な映像がどこでも見られるということに本当に感謝しています。見ているだけで、インスピレーションが湧いてきます。色々な発見が出来ますので、見つけた事をノートに書き出すとも理解を深めるのにいいでしょう。

さて、私が高校生の時にテニスを始めた頃、ボールを打つ時によく「もっと膝を曲げてボールを打ちなさい」と指導された記憶があります。その当時の常識という風にも認識していますが、いかがだったでしょうか?その時はプロの選手の膝はあまり曲がっていない様に見えたのですが、知識が無く、全く判断の基準がありませんでした。

このサンプラスの練習。以前はリラックスして打っているなと思うだけでしたが、効率的に力を加えているのが、今ではよく分かります。

マラトサフィンも、「あんなに突っ立っている様に見えて、どうしてこんなにも凄いボールが打てるのだろう。」「体が大きいからかな」と単純に考えていましたが、それだけではないんですよね。
自分の目で見たことを信じ、今までの常識にとらわれずに、良いと思ったことは色々とトライしていかなければいけないなと改めて感じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –